井戸端監視カメラ



2017年 03月 28日 ( 1 )


2017Arise。

c0189724_1712969.jpg

先日のHook2に続き、
Bombtrackより第二の刺客が来店。


恐らくボムトラックで最も人気が高いであろう、
マルチパーパス・シクロクロスの「Arise」です。

しかし今回のアライズは過去のアライズに非ず、
フルモデルチェンジした2017年モデルのアライズ也。

c0189724_17132967.jpg



Bombtrack Arise2017  ¥128,000(税別)

リムブレーキだった昨年モデルから、ディスクブレーキに変更された今回。
他にも変更点は山盛りなのですが、最大の変更点は「ジオメトリ」
c0189724_17134090.jpg

高いBB&立ったヘッド角が示す通りの、
尖った個性的キャラの旧モデルに対し、
2017年モデルは一気に安定志向に。


いや、安定志向というよりも、
よりバランスを重視したと言うべきか?

この変更によりコミューター&ツーリングバイクとしての能力は向上した訳ですが、
同時にサイズ展開もテコ入れされて、サイズ選びの自由度が上がった事は特筆物。

c0189724_1715919.jpg
そのサイズ展開については、
代理店さんのHPを御覧頂くか、
ワタクシに聞いて頂くとして。

変更点を見て行きましょう。
まず特徴的なフォーククラウンは、
今回も変わらず採用されており、
ブレーキ形式のみ変更、ですね。

c0189724_17152014.jpg
スライダー式のエンドも変わらずですが、
嘗てはシートステー下端にあったダボが、
エンドプレートに移動しており、
さらに数も2つに増えるなど、
よりマルチユース志向になっています。

そもそもシングルスピードの本車両、
しかしエンドはディレーラタブ付なので、
ホイルを変えれば多段化も可能。

というのは旧モデルの話で、2017モデルのリアハブはSSハブではなく、
11速対応のマルチスピードハブをベースにシングルスピード化していますから、
ホイルそのままで多段化が可能となっていたりするのです。
c0189724_17153810.jpgc0189724_17155716.jpg




c0189724_17163288.jpg
ハブは前後共にカートリッジベアリングで、
回転軽くメンテナンスも容易。
開ければ「お!あそこのハブか」てなモンですが、
この価格でこんな良いハブついてるんですね。


ただホイル組みは褒めれたモノではなく、
テンション上げ過ぎ&バラつき多過ぎ。

しかしそれを何とかするのが自転車屋の仕事。
良くな~れ、良くな~れと念じながら、
カチャカチャやって、はい良いホイルに。


c0189724_1717993.jpg
そんなホイル周りからも透けて見える通り、
より汎用性を重視した変更となっており、
他にもプレスフィットだったBBが、
維持し易いスレッドになっているとか、
チェーンステーがSベンド化された事により、
クランク選択肢が広がった等々、
正にフルモデルチェンジと言える内容。

そんな変更に伴いタイヤクリアランスが広がり、
完成車付属のKenda/SB8-35cは余裕、
Surly/Knard42cを履かせてもまだ余裕。
前後45cまでは安全圏内っぽいです。

c0189724_17173763.jpgc0189724_17175294.jpg



「さて皆さん」(浜村淳風)
リムブレーキだった旧モデルと違い、今回はディスクブレーキでしたよね?
という事はホイルサイズの変更が容易であるという事でありますから、
ノギス片手にタイヤクリアラスを測ってみると・・・。

MTBの27.5インチホイルを履かせた場合の最大幅は53mm程度なので、
タイヤの銘柄によっては27.5x2.1くらいが履けてしまいそうな感じです。
と言う事でモンスタークロス化の可能性も視野に入って来るんですね~。


c0189724_17184064.jpgc0189724_17185654.jpg



c0189724_17192771.jpg
700も良いね、27.5インチも良いね、
シングルも良いね、マルチも良いね、
と妄想広がる2017Arise。

ケーブルガイドはリプレーサブルなので、
SS仕様時には取り外してスッキリ!
フルアウター用も付属しているので、
油圧化した際にもスッキリ、ですぞ。



c0189724_17194738.jpg
あとモデルチェンジとは直接関係ありませんが、
今回から採用されたこのハンドルが良い!

B/Tオリジナルの「CX-10」という製品だそうで、
形状としては10°開いたグラベルバー。
しかしアルミグラベルバーとしては珍しく、
トップがエアロ形状となっているのは素晴らしい。


先日試乗したHook2にもついていたのですが、
凄く具合が良かったので単品で欲しいブツです。

こういった「構成部品までが魅力的」というのがボムトラック完成車の凄さ。
バーテープも上質ですし、バーエンドプラグも抜かりなくアルミで、
ダメ押し的にケーブルがフレームと擦れる部分にはシリコンのスカッフガードまで。
c0189724_17195693.jpgc0189724_1720753.jpg



c0189724_17204398.jpg


至れり尽くせり、正にコレ。

しかし構成部品や内容は、
文字で幾らでも説明出来ますが、
この塗装の美しさというのは、
モニター越しではチョッと・・・、
伝わりそうにありません。


ポテッと厚く塗られたクリア層、
そこを透けて出る照りは、
ボムトラックの大いなる魅力。

此処までやって¥128,000は、
単純に凄い、と感心します。

現車を見る機会が非常に少ない車両だと思いますが、
この手の車両を検討する際には、2017Ariseも候補に入れる事をお勧めします。

ただ年一回の入荷&国内在庫はかなり少なめのブランドであり、
早速黒のSサイズは完売してしまったりしてるので、モノがある内に是非。
by kaleidocycle | 2017-03-28 20:32 | 商品


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧