井戸端監視カメラ



あだ花アドベン茶。

c0189724_1784153.jpg
皆さん、アドベンチャーしてますか?

アドベンチャーとは何も未開の地や、
遠く遠くの地にのみある訳では無く、
日常の少し先にも広がっていたりします。


今朝、密漁と言う名のアドベンチャーをしに、
近所の川に行った際、何気なく撮った写真。
そこには何と・・・河童が写っていたのです。

c0189724_179513.jpg
一歩間違えば尻子玉を抜かれる所でした。
もはや安全な場所など何処にもありません。

そう、時代は守りよりも攻め、という事で、
家の近所で河童が大発生した際には、
即逃走出来る様、備えを進めるべきでしょう。


荷物を括りつけられるだけ自転車に括りつけ、
河童の居ない土地を目指してアドベンチャー!

何?自転車などママチャリしか持っていない、ですと?
そんな貴方にはSalsaのライトツーリング車「Marrakesh」を御案内。
c0189724_1792051.jpg



c0189724_17103475.jpg
ライトツーリング車、ってーと語弊があるかも。

ライトというのはSurly/LHTの様な、
「対ツーリング専用兵器」的存在に対し、
そこまで極端ではないという意味でして、
左チェーンステーに忍ばせた、
予備スポークからもやる気の程が伺えます。

実際に乗ると一発で「おぉ!」となりますし。

何が「おぉ!」ってその直進安定性、とにかく懐が広く大きな船に乗った様な具合。
ヘッド角70.75°&オフセット55mmというベタベタに寝たヘッド周りに加え、
最短でも455mmというリアセンターでホイルベースは1,100mmを優に超えます。
c0189724_17104487.jpg

正確にはMサイズで1,120~1137mm、
これがどの位の数字なのかと言うと、
Surlyの29+クランパスよりも長いのです。

そんな超ロングホイルベースながら、
グッと踏むとそれなりに応えてくれる、
このスポーツテイストを残した味付けは、
太いZS44ヘッドとバルジパイプに支えられた、
Salsa独特のテイストと申せましょう。

c0189724_1711339.jpg
ツーリング「だけじゃない」、
それがマラケシュの魅力。

基本的には700c前提で、
完成車にセットされているのは38c。
しかしWTB/Thickslickの、
29x2.1を履いてもまだまだ余裕。

c0189724_17113747.jpg

BB後にはスタンドプレートがありますので、
スタンドを美しく確実に取り付ける事が可能。

パニアを装着したツーリングシーンは勿論、
日常使いでもあれば絶対便利なスタンド、
もっと色々なフレームについて良いのに、
そう思いはすれども現実には珍しい存在。

c0189724_17114969.jpg
日常の移動、早朝の林道、視界の悪い夜の峠、
そして纏まった休みを使ってのツーリング、
それらをシームレスに繋ぐマラケシュ。

可動式のスインガーエンド「オルタネーター」は、
出先でのメカトラの際に活きるかもしれないし、
断舎利気分のシングルスピード化も簡単。

ええ、ディングルとの相性も最高です。

と、改めて掘り下げると結構濃厚なマラケシュですが、
今回御紹介したフラットバー仕様は廃盤となってしまい、
今後はドロップバー仕様のジオメトリのみの販売となります。
c0189724_17121293.jpg

残念!と言いたい所ですが、
売れなきゃ消えるのは当然。

凝った内容が災いし、
完成車で¥23万という価格は、
正直チョッと・・・高い。

店で組んだVaya男前verで、
¥24万という事を思うと、ね。



そこで在庫完成車をベースに、
弊店なりに擦ったり抓ったりして、
練り直したのがこの一台。


Salsa Marrakesh-Flat改(Mサイズ) ¥××0,000(税別)
後日記:完売!
この内容でこの価格なら胸を張って「価値あり!」と断言出来ます。
サイズ的にはMと言えども身長175~180cm程度が適正となりますが、
Sサイズのフレームで同様の一台を作成する事も可能(色グリーン・追加¥1万)。

c0189724_171244.jpg
どちらかというと過去のSalsa的、
そんな匂いがするマラケシュフラット。

眠れない秋の夜は、
星を追いかけて何処までも、
そんな思いつき小冒険のお供に、
MTB系のポジションの此奴は如何?


by kaleidocycle | 2017-09-23 19:41 | セール
<< 牽引体験。 裸足の王様、下賜品。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧