井戸端監視カメラ



2018見聞録 その2。

c0189724_15142424.jpg
プチ。
長男と遊んでいる最中、
突然サンダルの鼻緒が切れました。

え~っと・・・どうしましょう?

まるで修理道具を持ってない時に、
パンクに見舞われた様な気分です。

c0189724_15152463.jpg
まぁ新しいのを買うしかない訳ですが、
此処で再び同じモノを買うか?
更なる良さを求めて違ったのを買うか?

私は気に入ったモノを指名買いという、
安牌主義者であります。

しかし出会い無くして安牌無し。
という事で世の新製品を勉強すべく、
今日も展示会へと羽ばたき行くのです。

さぁ勉強勉強・・・っていきなり理解するには難し過ぎるフィジークのサドル
年々派生モデルが増えて、並んでいる製品群を見てももう何が何やら?

いや、フィジークとしては縦軸・横軸を整理して分かり易くしてくれています、
ただ己がそれを必要としないから頭に入ってこない、というのが正解。
個人的にはGobiがあってくれれば、フィジークはそれでOKなのです。
というか鳴り物入りで登場したVoltaってもう無いんですね。いつの間に。

c0189724_15153399.jpg
対して強烈に目を惹く此方は、
新防水シューズ「Artica-R5」

展示品がMTBソールの「X」では無く、
ロード系ソールの「R」というのが、
グラベルロードに呼応した、
ナウな流れという奴なのでしょう。

見た目のシュッと感は勿論、価格的にもリーズナブルなのでヒットしそうです。
が・・・個人的にフィジークは足に合わないので見てるだけ。

c0189724_15155088.jpg
MTB系ではよりカジュアルな、
「Terra-X5スウェード」が追加。

何か・・・フィジークっぽく無いような。
ロゴを隠して渡されたら、
「USパール?」と回答しそう、
そんなのはワタクシだけでしょうか。


いや、このUSパールっぽさが寧ろ悪くないと思うのですが、
HP画像と現物の見た目の差が結構大きい気がするので、その点注意かと。


勉強勉強、弊店ではまずお目に掛かる機会など無いであろう、
カンパニョーロの油圧ブレーキシステムをしげしげと眺める。
c0189724_1516308.jpgc0189724_15164198.jpg


キャリパーに関しては特に思う所も無かったのですが、
マスターシリンダーが別体になっているというのは良いですね~!
メンテ・修理もし易いでしょうし、補修部品として出るなら流用の妄想も。
c0189724_15165197.jpgc0189724_1517172.jpg



c0189724_15175415.jpg

流用、というと少し違うかもしれませんが、
クランクブラザーズのドロッパーポスト、
「ハイライン」のリモートレバーは良さげ。

レバーの角度を任意に設定できる、
ボールポイント形状が技有り一本。

因みにレバー単品は¥7,600。
真剣に考えてしまいますね、コレは。


c0189724_15181910.jpg
スーパーカー御用達のブランドを、
ロードバイクにも!というピレリ。
でもロゴが黄色&赤じゃないのが、
ピレリっぽく無くて少々寂しい。

ケムチャイナ資本となったピレリの、
復活の狼煙となるや否や?



c0189724_15183812.jpg
まぁピレリだ何だと言うてもですね、
プラモやテレビの世界で憧れた程度であり、
実際に履いた事など一度もありません。


エリートのエロイカシリーズの様な、
バーマウントのボトルと言うのも同じく、
白黒写真の中で見た事があるだけで、
この位置にボトルをつけた経験など無し。


現代に復活したこのバーマウントボトルキット「エロイカ」は、
アルミを用いて重量負担を最小限に留めつつ、確実にボトルを支えてくれます。
何せ素材が柔らかいアルミですから、使い始めるとすぐにボトルが傷だらけになりますが、
もっと真っ白になるまで傷つきまくった頃に、本当の格好良さが滲み出る事でしょう。
c0189724_15185115.jpgc0189724_151909.jpg


c0189724_15192575.jpg

デダのゴム製ハイグリップバーテープ、
Gecoの新色・・・ではなくて、
日本未導入色だった「グリーンアドベンチャー」。

知らぬ間に普通に買える様になっていました。

強烈なグリップ感と地味な見た目、
個人的に非常に好感が持てますので、
取り合えず一度使ってみようと思います。

c0189724_15193498.jpg
そう何事も実際に使ってみねば、
良し悪しなど分かる訳が無い。

その一歩手前として、
現物を見て触れる展示会というのは、
非常に有り難い機会なのです。

因みに鼻緒が切れたサンダルを片手に、素足で歩いて帰った結果、
現代日本の道路状況は素足で歩いても然程問題は無いという事を知りました。

人生は勉強の連続であります。
by kaleidocycle | 2017-09-21 20:04 | 駄情報
<< 裸足の王様、下賜品。 ヒガシマル。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧