井戸端監視カメラ



幼児inバトルフィールド。

c0189724_20203958.jpg

人は何故無益な争いを求めるのでしょう?
そして強さに惹かれるのでしょう?

「本能」と言ってしまえばそれまでで、
まぁ3000年後、5000年後とかには、
多少変化があるかもしれませんが、
現代ニッポンに生きる我が息子3歳半、
ただ今「強さ」に夢中であります。


c0189724_20205684.jpg
中でもとりわけ恐竜に関心があり、
親子の休みが被る日には、
何処ぞ恐竜的な何かが見れる場所へ、
連れて行ってやりたいと思う訳ですが、
パッと行ける範囲の恐竜は見尽くしました。

「他に何か無いか・・・」
そう探している中で見付けたのは、
大阪府堺市にある「大型児童館ビッグバン」

外観からしてビッグバンですが、中に入ると。


c0189724_20211076.jpg



c0189724_2021231.jpg

デカい、凄まじくデカいワニです。
40万年ほど前に大阪湾に生息していたという、
マチカネワニなるワニをモチーフにした遊具。
「こんなデカいワニが居たのか・・・」と、
恐怖に慄きますが実際はもっと小さいそうな。

で、このワニは見るだけでなく、
体内に入って遊ぶ事も出来、
体内から攻撃すると「グウォ~」っと鳴きます。


c0189724_20213723.jpg

鳴かせたら勝ちな気がしますが、
攻撃した本人は鳴き声が怖いらしく、
化石の発掘現場をモチーフにした、
探検遊具の中に消えて行きました。

この発掘現場的な遊具の内部には、
子供サイズのトンネルが広がっており、
何が面白いのかグルグルグルグルと、
只管に走り続けて休む事をしりません。



c0189724_2022219.jpg

子供の体力というのは無尽蔵、
見ていて呆れ返ってしまうほどに。

そんな子供の体力を奪い尽くすべく、
聳え立つのが「遊具の塔」なる施設。

ビルの4階から8階までの4フロアが、
なんと全てジャングルジムなのです。


c0189724_2022173.jpg

上る、上る、ただただ上る。

時に滑り、時にぶら下がり、
しかし一歩一歩と上り行く。


c0189724_20223194.jpg
親としてはやはり心配なのでついて行きます。

しかし・・・サイズが子供サイズの為、
オッサンは本気で身動きが取れません。
閉所恐怖症の気がある人は、
思わず叫び出してしまうかも。

とにかく必死で高低差約30mを上ると、
そこは展望台で遠く天王山が望めました。

あ~、疲れた・・・。

「モウ1回ヤロカ」 え~っ、マジでか~・・・、まぁええわい!行くど!

c0189724_2025596.jpg

その他、訳のわからん遊具が山盛り。

こんな施設が堺にあるとは、
今回始めて知りましたが、
丸一日居ても飽きませんで、
とてもとても面白かったです。


料金が激安でも無い(大人¥1,000、幼児¥600)為か、然程混み合う事も無く、
ストレス無しに子供が全力で遊べると言うのは素晴らしいですな。

京都からはチョッと遠いですけどお勧めです。
by kaleidocycle | 2017-09-11 21:12 | 駄情報
<< ホワイト&グレー。 プレイステーション・レーシング3D。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧