井戸端監視カメラ



握り放題。

c0189724_18441331.jpg
引き続き絶好調に暑う御座いますな。

さて、先日予告させて頂いた通り、
CCPの秋冬サンプルが届きまして、
広げたり伸ばしたり並べたりしているのですが、
暑苦し過ぎてマトモに評価出来ません。


ならば、まずは頭から液体窒素をブッ被って、
気分を3ヵ月後にワープさせましょう。
ダバーッ!

c0189724_18442555.jpg
・・・10月入荷予定と聞いていた、
旨み溢れるモロコバーが此処にある、
という事は無事3ヵ月後にワープ成功か?

確かに気温がグッと下がっ・・・暑いわ!
残念ながらワープには失敗しましたが、
予定よりも早く臨時便で入荷した、
モロコバーを歓迎致しましょう。

Surly Moloko-Bar  ¥12,800(税別)

はじめてこの名前を聞いた時には「モロッコバー」だと思っていました。
「アフリカ大陸の端にあるモロッコ=ツーリングの終着点」みたいな感じなのかな、と。
しかし本当の所は魚のモロコの「モロコバー」だそうで、
その心は「何処を握っても旨み溢れる」からという分かった様な分からん様な話。

モロコってそんなに旨いんでしょうか?喰った記憶が無いのでよく分かりませんが、
Surlyがハンドルの名前に選ぶ位ですからきっと旨いのでしょうし、
モロコバーもきっと何処を握っても「旨い!」となるのでありましょう。

因みにモロコバーはクランプ径がOS(31.8mm)ですので、その点御注意あれ。


c0189724_18443953.jpg
あともう随分御無沙汰、というか、
無くなって何年経つのだろう?ってな、
SimworksのFun3Bar。

此方の画像はFun3在りし日のモノで、
クルーザーでもプロムナードでも無く、
曲げ曲げでマルチポジション化した、
独特の存在は今見ても魅力的。

c0189724_18445789.jpg

そのFun3Barが遂に復活!

いや、今回は復活というよりも、
後継機誕生という方が正しい様で、
画像を見比べて頂ければ分かる通り、
素材が以前のアルミ肉厚材から、
日東らしいクロモリパイプに。

c0189724_18452164.jpg
Fun3最大の特徴である、
ライズアップはそのままに、
ベンド角を35°と浅くする事で、
バーワイドは680mmに拡大。

結果、クルーザーテイストは薄まり、
ゲットアラウンドバーと旧Fun3の中間、
って感じの一本に生まれ変わりました。

c0189724_18453658.jpgc0189724_18454416.jpg



SimWorks Fun3Bar  ¥5,800(税別)

純粋なる万能ハンドルというよりも、使い手の想像力を試される懐の広さが魅力のFun3。
「オレなら&アタイならこういう車両にこういうポジションで・・・」と妄想膨らませて、
プックリ大きく膨らんだなら、グネグネ曲がったFun3を是非一本お手元に。

と、そんなこんなで明日は定休日です。
by kaleidocycle | 2017-07-14 20:32 | 商品
<< 洗濯の自由。 ハレヌヤ。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧