井戸端監視カメラ



謹上。

自転車屋の仕事(≒存在意義)というのは、売る・修理するという事よりも、
その一歩手前である「計画立案」というのが重要なのではないかと思います。

お客様の脳内に浮かぶイメージをなるべく明確な形にするのは勿論、
予算を最大限効率的に配分する、というのも腕の見せ所でありましょう。

で、最近オーダー頂いた「粋な大人の通勤車両」というお題への回答はこんな感じ。
c0189724_18383777.jpg


c0189724_18384758.jpg
一見するとディスクトラッカーっぽいですが、
実際には巨大なストラグラー650です。

「あ、天気良いから自転車で行こ」と、
思い立った瞬間パッと乗り出せる、
そんな気軽さを求めてシングルスピード。

ムッチリしたWTB/Horizonを、
鼻歌交じりでスーッと転がす、みたいな。

c0189724_18385827.jpg

ストラグラーには700cと650bがあり、
どちらを選んでもホライゾンを履かす事は可能です。

しかしリラックスポジションを自然に、となると、
650bに分があると判断して敢えて650b版。


長いヘッドチューブの気の抜けた感じと、
タイヤクリアランスの詰まり具合、
此処のバランス、良かないですか?


「良い感じに仕上がるんならPaulのハブとか入れてくれてもええで」
と優しい言葉を頂きましたが、ん~・・・通勤車両にポールはチョッとやり過ぎ。
普段使いの時計が金無垢のロレックス、みたいなギラギラ感が出ちゃいそうですし。
c0189724_1839762.jpg

そもそも「軽くて弱い」ポールのハブは、
通勤車両にはミスマッチですから、
此処は直球でSurlyのハブを選択。

程々に強く、程々に美しく、
そしてステンレス製の小物は、
錆びてみすぼらしくなる事も無い。

また構成部品を全てシルバーで揃えると「偽クラシック調」になるきらいがあるので、
スポーク・クランク・ハンドルには敢えて黒い部品を配置してスッキリ感を演出。

って、書いてる自分でも「何ゴチャゴチャ言うてんねん」って感じますね。
c0189724_18391551.jpg

でも「売るだけ・買うだけ」なら通販で良い事で、
そこに実店舗が入り込む余地は少ないと思います。

ポールやキングやフィルやホワイト、
そんな高級部品をてんこ盛りにしても、
必ずしも完成度に寄与するという訳では無く、
台座のボルトをトラスネジにかえるといった、
小さい事でも完成度上がりまっせ!ってな事を、
提案する所に自転車屋の生きる道はあるのです。

・・・多分。

いや、そりゃ高級部品も御用命頂けるなら有り難いに決まっていますが、
お客様のニーズを最大限効率良くかなえる案を出してなんぼの自転車屋、
ケチ臭い提案をする事もありましょうが、何卒聞くだけ聞いてやって頂ければ幸いです。
by kaleidocycle | 2017-05-19 21:23 | 商品
<< 旅立ち小話。 防刃時代。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧