井戸端監視カメラ



同姓同名。

c0189724_18374762.jpg

此処の所もっぱら通勤SPLと化している、
トッツァン固定ギアのタイヤが減っています。


センターばかりが磨耗しサイドはガッツリ残有。

此処は秘技「彫刻刀で溝を刻む」で対応・・・、
出来る訳も無いので交換する事に決定。

さて・・・次は何を履きましょうかね?

と考えた結果、現在の使用用途に最も適していると判断したのが此方。
Maxxis Re-fuse 700x32c  ¥4,000(税別)
c0189724_18384123.jpgc0189724_18391271.jpg



のんびりフンワリ何処でも走るべく太さはフレームに呑める最大幅32c。
パターンは林道行が多かった以前履いていたセミノブのグラベルキングから一転、
細か~いヤスリ目がトレッド面一杯に広がる守備範囲の広いモノに。
c0189724_1840784.jpg



c0189724_18403446.jpg
ブロックがキュートだった以前と比べると、
丸いセミスリックは大人しい感じというか、
普通というかオッサンっぽいというか・・・。

しかし通勤&朝のチョイ乗りが多い今ですから、
このオッサンっぽさがピタリと来るのですな。


表記は32cですが、実測幅は約30mmと細めで、
ワウンドアップのコミューターフォークには、
御覧の様に良い塩梅のクリアランスで収まりました。

c0189724_18415956.jpg
で、このマキシスのリフューズは、
完成車についている事も多い製品ですが、
今回のはチョッと良い版のケブラービード。


更に「リフューズ32c」という名前で、
¥8,500/¥4,000/¥3,000と3種あり、
何が違うねん?と混乱します。

現在マキシスの国内代理店はインターテックさんとマルイさんの2社あり、
最も安価な¥3,000の分はインターテックさん扱いで、
トレッド面下のみをシルクワームで覆う「SilkWorm」仕様なので軽くしなやか。

対して今回選んだのは3種の真ん中に位置するマルイさん扱いのスタンダード版で、
全周をシルクワームで覆い、更にトレッド面下をケブラーで強化した「MaxxShield」仕様。
これまで履いていたグラベルキングも充分タフなタイヤですが、
林道を固定ギアで走るとふいにサイドを引っ掛ける事があったので、
よりタフなモノを求めて選ぶとなると、この¥4,000版になる訳です。

そして一番高価な¥8,500の分は同じくマルイさん扱いでチューブレス対応で、
トッツァン固定ギアのチューブレス化はまだ先の課題なので却下。


同姓同名、嗚呼ややこしや。
by kaleidocycle | 2017-05-11 21:10 | 駄情報
<< 蓋をする。 気持ちミクスチャー。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧