井戸端監視カメラ



鈎針解体・実走。

c0189724_1547318.jpg

三連休の初日たる本日18日土曜日。

少々霞がかかっているもののまずまずの好天で、
春開幕に浮かれ走り出すサイクリストも多かろう、
そう予想しながら走るも、人と殆ど出会いません。


花粉症の影響はそれ程深刻なのでしょうか?
いや、人と出会わないのはそういった理由ではなく、
「走っている場所が林道だから」というのが正解。

c0189724_15471458.jpg
今弊店が最も注目している完成車である、
Bombtrack社のグラベルロードHook2

此奴の如何なるモノかを試すべく、
「遊ンデクレ~」と縋る息子を袖にして、
試乗車に跨り山の方へとデッパツです。


各部を嘗め回す様に見ている内は、
φ42mmという大径ダウンチューブと、
約10.5kgという完成車重量に、
「ガチッと硬い系ですかね?」と予想しましたが。

c0189724_15482225.jpg
実際に乗ってみると案外硬い事も無く、
「へぇ~」てなモンです。

シッティングで踏んでいる内は、
スルーアクスルらしいビシッとした芯があり、
少し重めのギアを踏んでもスッとペダルが落ちる、
大径BB(PF30)らしい今時なフィーリングですが、
立って少し無理目に踏み込んでみると、
底で少ししなるという鉄らしさもホンノリあり。

基本的にはガッチリ系なのですが、
廃道程度の凸凹はタイヤが全ていなしてくれます。

c0189724_15484750.jpg
鉄らしさがよりハッキリ顔を出すのは、
シングルトラックに入った時で、
路面からの一発一発の衝撃というよりも、
ヒョイと浮いてストンと着地する、
この瞬間の衝撃の角が丸い点をして、
「あ~、鉄やな~」としみじみ実感。


まぁ「シングルトラック走るならMTBで」てな話ですが、
コレがですね・・・面白いんですよ、Hook2。

「なんとか走れる」ではなく「ガツガツ行ける」感じ。

c0189724_15492239.jpg
我が愛車であるNiner/RLT9とは根本的に違う。


その違いの源泉は何処かと言うと、
一つにBB下がり60mmと相当高い点で、
72°というニュートラルなヘッド角と相まって、
とにかくクイックに自在に動くのです。

またシート角も74°とかなり立ち気味な事もあり、
座ったり立ったりの行き来がし易く、
目まぐるしく変わるシングルトラックの地形に、
MTBの様な積極性でもって挑めるのですね。

c0189724_15495953.jpg
となって来ると、もう思いは一つ。
「此奴は自分の思うグラベルロードでは無い」


ワタクシにとってのグラベルロードの定義は、
「未舗装道路を走る事に特化している」という事で、
極端に安定性の強いハンドリングで、
砂利道でもスラローム切れちゃう、みたいな感じ。

しかしHook2にはそういった極端な味付けは無く、
寧ろクイックと言える程に鋭く、
頭からキュン!と曲がって行く印象が強いですから。

c0189724_15501743.jpg
この運動性能の高さ・クイックネスを思うと、
「ディスク・シクロ」に仕分けるべきかと思うけど、
下りでシクロ車らしい不安定さが出る事は無い。

ならその安定性は何処から生まれるのか?というと、
恐らくフロントセンターの長さ、そこがポイントでしょう。


ただでさえジャンル分けがし辛い、
ディスクロード・ディスクシクロ・グラベルロード。
その中でHook2はどれに近いかと言うと・・・混迷。

「延々続く未舗装道路をブッ飛ばし続ける」事を目的に生まれたグラベルロード。
当然、そんな道は京都には無い訳ですが「道を選ばぬ万能サイクリング車」として、
ワタクシのニーズに合致し、実際にRLT9は乗っても乗っても飽きる事はありません。

しかし国や使用状況が違えば、解釈も答もまた違って来て当然で、
自転車大国ドイツのボムトラックが出した答は、やはりボムトラックなりの「色」が強く、
なんとも・・・面白いなぁと思わせてくれる一台です。
c0189724_15503021.jpg




c0189724_1852322.jpg
Hook2、とてもとてもよく走ります。

ロードの様なスパッとしたキレは望めませんが、
漕げば漕ぐだけ尻を叩いて来ると言うか、
「ドンドン行こう!」みたいな気にさせます。

下りは剛性の高さと太いタイヤを武器に、
路面状況を問わずギュンギュン曲がり、
オートバイの様に攻め込みたくなります。

結果としてワタクシ・・・もうヘロヘロ。

Salsa/Warbirdの様な「疲れた時に助けてくれる系」ではないし、
同じくSalsaのVayaの様な「疲れさせない系」でもありませんので、
ブルベの様な使い方には向かんだろうなぁ、と思います。

じゃぁどんな人にHook2は向くのかと言うと・・・。
①基本MTBライダーだけれど、もっと速く遠くへ移動して林道を駆け抜けたい人。
②一台でモーニングライドもツーリングもOK、なんならシクロレースでも前に出たい人。

そんな感じでしょうかね?


まぁしかし見ると乗るでは全然違う、想像以上の個性を持った一台だった訳ですが、
借り物に乗っている感覚ではなく、自分の車両に乗っている様な馴染みっぷりだったのは、
帰って来てから気付かされたBombtrack完成車の恐ろしさですよ、ええ。
by kaleidocycle | 2017-03-18 19:06 | 商品
<< 鈎針解体・未来。 鈎針解体・初日。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧