井戸端監視カメラ



訳のわからない事を言いに。

c0189724_19494061.jpg

東京の街に出て来ました。
あいかわらず、わけのわからない事を言ってます。

と言えばくるりの「東京」の歌詞ですが、
昨日・一昨日と二日間行って参りました、
ワタクシの東京出張などは正に其れ。

何か明確な目的があって行った訳ではなく、
「会いに行かねば」という焦燥が積もり積もった結果、
取り合えず飛び出してみた次第。


c0189724_19495337.jpg
未明からアクセル踏み踏み約6時間で東京着。


まずはResistant本部に進入。
進入と同時に元気よく話し掛ける、
静かにしろと怒られて裏に連れて行かれる。

で、騒いだ事を詫びるよりも前に無沙汰を詫びる。
付き合い自体は10年を越えますが、
ここ数年はオーダーする量も減る一方で、
今や幽霊部員同然の弊店ですから。

何でオーダーが減るかってーと、売れないからとかじゃなくて、
個人的にアアしたいコウしたいという勝手な欲求はあるけれど、
それを押し付けてばかりなのは申し訳無くあり、
同時にResistantのスタイルを100%代弁出来る気もする気も無いしで・・・。

段々疎遠になってしまっていました。
c0189724_1950518.jpg

でもですね、ワタクシが知る中で、
最もイカしたバッグを作るのは何処の誰?
その答がResistant以外になる事は有り得ない。

だから会いに行かなきゃならんかったのです。
メールとか電話では全然話しにならん。


で、Resistantの近況や動きを聞きつつ、
試作品を見ながらアアでも無いコウでも無いと、
やはり訳のわからん事を垂れ流す。

空いた時間を無かった事には出来ませんが、
それを充電期間と解釈すれば、逆に突き抜ける何かの兆しが見えたりも。
もしかしてもしかすると・・・今年凄い事になるかもしれません。



都心部を後にし、迷路の様な東京の街を抜けて向かう先は、
弊店にとって盟友というか腐れ縁というかなSunrisecycles
c0189724_1951996.jpgc0189724_1951349.jpg



c0189724_1952377.jpg
新たな一手を打って来る度に、
「頭おかしいんちゃうか・・・」と思わせてくれる、
ビルダー高井氏は今日もせっせと製作中。

彼の作品のぶっ飛び度は日々増しており、
改めて見ると「鉄の芸術」というべき状態。


顧客様からほぼ丸投げで頂いたオーダーを、
アアすべしコウすべしと打ち合わせ。

使うエンド部材一つ取っても異常過ぎ。




c0189724_2136599.jpg
ビール片手に打ち合わせを進め、
ほろ酔いになった所で日は落ちて。

河岸かえて呑むか、と移動。
向かう先は高田馬場の名店。


肴は串カツでもなければ馬刺しでもなく、
塗装をストリップされた旧い98フレーム。

おぉぉぉ!チェーンステーが!とか言いながら呑む。

c0189724_21361912.jpg
本来自転車屋である事以上に、
日本トレイルバイク界の総本山である、
ワークショップモンキーさんは、
日暮れと同時に呑み屋に変身。


気さくに接して頂けるボス猿様ですが、
ワタクシにとっては雲上人であります。

c0189724_21372360.jpg
なのでボス猿様の口から発せられる、
時に鋭く、時に適当な一言一言に、
真剣に耳を傾けると同時にコップも傾き、
メートル上がって徐々に徐々にフライハイ。


いや、やっぱノリさんスゲェな、とか言いながら、
小便に立ち、トイレのドアを開けると・・・。

うむ、やっぱスゲェ。

c0189724_21381333.jpg
朝が早かったので眠たくなり、寝床に移動。

今宵の寝床はSurisecyclesの二階。
フレーム製作工房としては充分な物件ですが、
現代人が住む場所としては・・・荒ばら家寸前。


でもチャンとベッドがありエアコンもあり、
夜っぴいて走り続ける車の音を聞きながら、
潜り込んだ布団は実に甘美な感触で、
あっと言う間に夢の中、おやすみなさい・・・。

c0189724_21384238.jpg

明けて翌日。

朝9時から製作を開始したSunrisecyclesを横目に、
オリジン弁当(関西には無い)を喰って元気100倍。


車に乗って再び東京を彷徨う。
次に向かう先の目印は~っと。

見つけた!スカイツリー!

そのスカイツリーが倒壊するとするなら、角度によっては直撃するであろう、
そんな場所にCCPのオフィスがありました。
c0189724_21392947.jpgc0189724_21394039.jpg



親戚よりも確実に会う回数は多いCCPさんですが、
此方からお伺いしたのはコレが初めてであります。
いつものCCPさん、見慣れた商品、そこに違いは何も無いのですが、
何と言うか・・・雰囲気が・・・お洒落過ぎて面食らいます。
c0189724_21401357.jpg

雰囲気に呑まれたワタクシは、
とにかく自分が欲しいモノ、
その形状・素材・ギミックを捲くし立てた後、
「都会怖い都会怖い・・・」と呟きながら帰路に。


帰りの約500km、ボーっと運転しながら、
何しに東京へ行ったのか?という疑問は晴れねど、
「行って良かった」という確信を噛み締めていました。

やっぱ会う事、それ無しでは何も始まらんですね。


by kaleidocycle | 2017-02-23 00:02 | 無駄
<< バック・トゥ・ザ・フューチャー。 OTI(ora tokyo-s... >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧