井戸端監視カメラ



シワッサー。

c0189724_2141934.jpg
年末モードに入り、気が狂いそうに忙しいです。
いやもう段取りが組めないというか、
優先順位と手順がテンヤワンヤというかで。


「来週末には大晦日」と理解している積りでしたが、
明日は祝日だと言うではありませんか。

となると明日から3連休、週明けはもう26日。
代理店さんによっては26日が年内最終営業日。
即ち・・・年内仕事待った無し!

アキマセンアキマセン、普段使わない脳ミソから湯気が出そうです。
これは一旦冷静になる時間が必要だろう、という事で。
c0189724_2144914.jpg



c0189724_215488.jpg
今朝は固定ギアで当て所無くGo。


固定ギアの何が良いって、
「踏むだけ」しかする事が無い所。

走っている限り足は回り続けるので、
脳ミソの電源切っても何の問題も無い。

c0189724_2151673.jpg
「固定ギア=ピスト」というのではなく、
細かい云々を全て取り去った、
ただのサイクリング車が、
自分にとっての固定ギアです。

速く走る事は能力上不可能ですが、
てれ~んと地形に任せて走る感覚は、
遊覧船にも通じるモノがあり、
代え難い安楽感を与えてくれます。

こういった太いタイヤを履いてダラダラ走れる固定ギアという存在は、
メインストリームになり得ない選択でしょうし、必要とする声も少ないはず。

自分はご縁あり手元に来たチタンフレームをいちびって乗っていますが、
「前後ブレーキ装着可能で太いタイヤを履けるロードジオメトリの固定ギア」
という基本的なコンセプトが生まれたルーツを辿ると・・・やっぱコレなんですね。
c0189724_2153540.jpg



「Surly Steamroller」
c0189724_2154525.jpg
以前ピストブームが吹き荒れた際には、
飛ぶ様に売れたスチームローラーですが、
流行が一回りした今も色褪せる事は無く、
寧ろ内に秘めた魅力を発している様にも。

こういう点をして「Surlyは凄い」と言えるのです。

納屋の中で埃を被っている昔買ったスチローを、
己が子供が引っ張り出して来て走り出す。
修理に必要な特殊部品など無いから、
10年後でも20年後でも同じ様に走るはず。
そんな偉大なる大衆車としてのロマン、実に良い。

「固定ギアなんて興味無い、Surlyなんて興味無い」
そんな正しくスポーツサイクルと向き合っている人にこそ、
本当は必要なのではなかろうか?と勝手に思うスチロー。

構成部品のグレードの事、規格の互換性の事、速度の事、重量の事、
それらのしがらみを一度全て放り出して、ただただペダルを踏む。
そして頭をリセットする事で世の見え方が変わって来・・・たりするかも。


今すぐじゃなくても良いので、またいつか頭が煮詰まった時には、
苛立つ心を平らにしてくれるサイクリング車・スチームローラーを思い出して下さい。

ただ画像の色・モンキーバッドレッドは残り数本なので、
この色が好きだと言う方に関しては今すぐ、ライトナウでお願いします。
by kaleidocycle | 2016-12-22 21:57 | 商品
<< 掃除マァム。 地名的。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧