井戸端監視カメラ



アドガー・アラヌ・ホウ全集。

c0189724_172370.jpg

息子を保育園に送り出した後、
さて何をしようか?と考え込んだ昨日。


秋も随分と深まって来た12月頭です、
もうじき北山には初雪が降り、
積もれば春まで行動に制限がかかるでしょう。

ならば、雪が積もる前に行っておくか、
という事で活動開始、戦闘開始。

c0189724_1721511.jpg
限られた時間の中で、
なるべく遠くに行きたい。
けれど同じ道を往復ってのは避けたい。

ならば結べぬ2本の糸を結ぶまでよ。

そう、我々には廃道という選択がある。
我々って?そりゃ・・・私と貴方ですよ♪

c0189724_1724129.jpg

とりあえず鯖街道をダラダラ北上し、
県境を越えた次の峠である花折峠を登り、
花折の長いトンネルを抜けると雪国であった。

などと言う事は無く、向こうも未だ秋です。


しかし、峠越えの苦労を一瞬で消してくれる、
トンネルと言う人工物の偉大さを感じながら、
抜けた向こうに伸びる道は現代では無く過去のそれ。

c0189724_1731142.jpg

と言う事で本日のターゲットは、
源流に向かう安曇川沿いの廃道です。


いや、廃道というと少し違って、
正しくは作りかけのまま放置された、
未完成の道路というべきでしょう。

花折トンネルを抜けると、
左の崖下に見える道がその入り口。

c0189724_1762980.jpg
日本海と京都を結ぶ主要道路である、
新鯖街道こと367号線と、
激坂を越えねば辿り着けないという事で、
悪名高き百井集落の奥とを結ぶべく、
「一応」道として拓かれているこのルート。


百井の更に奥に位置する大見集落に、
残土最終処分場を作る計画が嘗てあり、
その関係でこの道も拓かれようとしたのか?
と想像しますが、本当の所はよう分かりません。

c0189724_17826100.jpg

川沿いに遡上して行く道ですので、
時に苔生した渋い橋を渡る事も。

林業の人が通っているのでしょう、
まだまだ車の通った轍が見て取れ、
「何かあっても大丈夫」という、
意味の無い安心感を感じます。

c0189724_17101635.jpg

しかし、こんな道に用事のある人は少ない訳で、
ズズイと進みゆけばやがて轍は消え、
落ち葉と苔のフカフカロードに変身。


此処まで快調に飛ばせたグラベルロードも、
32cタイヤが埋もれはじめてトーンダウン。

とは言えそれでも普通に走れますので、
モコモコ言わせながら更に進み行くと・・・。

道の終点に到着です、お疲れ様でした。
c0189724_17103841.jpg



c0189724_1711840.jpg

前半戦が終了したので、続いて後半戦。

道は一旦途切れてしまいますが、
川を更に遡れば再び道が現れます。


直線距離で400~500mって所でしょうか。
まぁ距離的にはたかが知れたレベル。

いざ進むべし。

c0189724_1711563.jpg

ザブリ。

歩き易い地形が右岸・左岸のどちらなのかは、
場所によってドンドン変わりますから、
渡河を避ける事は出来ません。

そう、この行為があるからこそ、
「雪が降る前に」という話になるのですよ。

雪の中では・・・危ないですね、普通に。

c0189724_2025969.jpg 
川原に下りる→靴を脱ぐ→靴下を脱ぐ→渡る、
渡り切る→靴下を履く→靴を履く→山を上る。

これを繰り返して上流を目指します。

しかし数年前に来た時の記憶では、
数度の渡河で行けた様に思うのですが、
時間の共に状況が変わってしまったのか、
中々安定した獣道が捉えられません。


その為、何度も渡河を繰り返すはめになり、
しまいに靴の脱ぎ履きが邪魔臭くなって来て。

c0189724_17124436.jpg

もうええわい。

シューズ履いたまま渡る事にしましょう。


安曇川って水が綺麗ですね~。

c0189724_17132360.jpg

文字通りの「道なき道」を行くと、
その先には山らしい山の姿が。

テントを張って釣りをするには、
素晴らしいロケーションですが、
息子を迎えに行かねばならんので、
先を急ぐ事にしましょう。

c0189724_17133715.jpg
ザブングル。
・・・足を滑らせてしまいました。

しかし此処まで濡れてしまうと、
もうあとはどうでも良い気分になり、
カメラを取り出す余裕さえ生まれます。

皆さん、カメラは防水のが良いですよ。

c0189724_17141315.jpg

更にザブザブと川の中を進んだり、
崖をよじ登ったりを繰り返すと、
遂に!平たい土地が視界の中に!


あれぞ人類の灯。

あ~抜けた~、終った~・・・。
ってたった数百メートルなんですけどね、
体感では十倍にも感じる山の不思議。

c0189724_17151461.jpg
未舗装の林道であろうとも、
人が通る道には変わりない訳で、
「道とは何と便利なモノか」と改めて感じ入る次第。


一心地ついた所で時計を見ると、
予想外に時間を喰ってしまっており、
息子を保育園に迎えに行く時間が迫っています。

こうしては居れん。
さぁ文明の利器たる道を使って帰ろうぞ。

c0189724_17153042.jpg
道を行くとやがて見えて来るのは北山修道院。

小説「ノルウェイの森」のモデルになった、
そんな話も聞いたりしますが、
そもそもノルウェイの森を読んだ事が無いので、
「おぉぉ~」という感慨に浸る事はありません。


それよりもビシャ濡れ状態で山を彷徨い、
辿り着いた人家がこの家だと想像したなら・・・、
「ミザリー」か「変体村」か?って感じで、
怖くなって来るので退散退散。

c0189724_21243849.jpg  

山から流れ落ちる様に麓に下りて、
保育園お迎え時間オンタイムで帰着。

全行程約5時間のプチアドベンチャーの後は、
年間パスで入り放題の水族館へ。


普段の生活のすぐ横にある冒険ゴッコ。
その舞台は、いつも通り過ぎる脇道の、
奥の奥に広がっているので御座いますよ。
by kaleidocycle | 2016-12-06 21:35 | 無駄
<< アンレーサー。 支持凄灯。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧