井戸端監視カメラ



白い未来図。

c0189724_19345249.jpg
「素敵なクランク下さい」
と、サンタクロースにお願いしたならば、
プレゼントとして選んでくれるのは、
きっとコレに違いない、という、
White‐Industriesのクランク。

見た目だけじゃない、という話は、
過去の記録で再確認頂くとして、
代わるモノの無い定番の逸品です。


さて、頑なに四角軸BB前提を護り続けて来たホワイトインダストリーズですが、
暫く前から新製品の情報がチラホラ聞こえる様になって参りまして、
それがクランクとスピンドルが一体化した、現代的な2ピースクランクである事までは、
スピードラーニングの様に聞き流しているだけでも分かって来ました。

しかし詳細の如何なるモノか?を追えば追うほどに・・・よう分からん。
と言う事で本日は想像と妄想を交えてその概要を纏めてみたいと思います。
c0189724_19352621.jpg

まず軸径は30mmのみで、
MTB用は「M30」という名称。


旧来の四角軸対応モデルでは、
「ENO」と呼ばれた分の、
30mmスピンドル進化版って感じ。

c0189724_19364782.jpg
対してロード用は「R30」で、
此方は「VBC」の30mm進化版。

共にホワイトインダストリーズらしい、
スッとシンプルな造形を維持しつつ、
現代的な規格に対応させており、
マニアック路線だった今までよりも、
多くの人に支持される事でしょう。

c0189724_19363279.jpg
そこに加えて「君は誰?」ってな、
グラベルロード用の「G30」

グラベル用って何がやねん?
と調べてみますとですね。

何と!MとRの中間でした!
・・・それは阿呆でもわかりますね。

まずチェーンラインに関してはロード用のR30と同じで、MTB用よりも2.5mm狭い。
何でこうなったのかと「?」マークが点灯しますが、説明し出すと話が長くなるので省略。

そしてQファクターはRの157.2mmよりは広く、Mの176mmよりかは狭い「171mm」。
これは迫り出し勝ちなグラベル系のチェーンステーとのクリアランスを確保する為かと。



さぁ、少々込み入って参りましたね~。
最早興味の無い人には意味不明の世界に突入して来ました。

そんな30mmスピンドル径クランクと組み合わせるのは専用ボトムブラケットベアリング
この「専用」って所は少し気になりますね、他社製品は全然使えないのか?
若しくは使えるけれど一応専用と謳っているだけなのか?どうなんだろう?
c0189724_19372088.jpg
まぁ真相究明はさて置き、
BBのラインナップは3規格あり、
プレスフィットはPF30対応です。

左右をネジで結合するタイプの様で、
PFでたまにあるワン抜けや、
異音対策としては勿論の事、
分解整備がし易そうなのはグー。

c0189724_19373484.jpg
普通のネジ切りBBには「BSA」
JISと言った方が伝わり易いかも。


普通のネジ切りBBシェルに、
30mmスピンドルをブチ込む。
そんな、PraxisやRotorからも、
同様の製品が出ているタイプですね。

c0189724_19375016.jpg
そして最後に「T47」が登場、と。

デメリットの根本解決が難しい、
三菱GDI的存在であるBB30。
BB側の改良に限界が見えた為、
捻り出したフレーム側の改造策。

BB30シェルにねじ山を切る事で、
スレッド固定を可能にする訳ですが、
まぁ・・・弊店は縁が無さそうです。

と、BBベアリングはこの様な感じで汎用性の有無は未だ不明ですが、
ステンレス球仕様で其々¥13,200と、案外高く無い&整備性も良さげで、
何よりチラ見えするだけでも格好宜しいですから普通にコレを選びたいです。



c0189724_19381151.jpg
さてさて、クランクが進化したのと同時に、
来るか来るかと期待ばかりさせられていた、
ナローワイドチェーンリングが遂に登場。

ナローワイドって名前は大人の事情で使えない為、
ホワイトでは「tall short ring」と呼ぶそうな。

此方のTSRリングは¥8,500/枚と、
「安い!」と言えてしまうリーズナブルな価格設定で、
オフセットさせたBoost規格用もあり。

くっ、下さい!早速1枚下さい!今すぐ下さい!
と逸る気持ちを抑えてよくよく見ると?

TSRは新しい30クランク専用品で、ENOやVBCでは使えないのです。
何が違うかと言うと、クランクとリングのスプライン規格が変わっているのですね。
c0189724_19384149.jpg

その事実を知った時、ワタクシ泣きました。
そして怒りを覚えました、何すんねん!と。
イラン事しやがってボケナスビめが!と。


しかし冷静になって四角軸クランクを見ると、
この勘合部のロックリング寸法では、
30mmのスピンドルなど入る訳が無く、
スプライン規格の新設定は必須である事、
その事を知ったのです。反省。

まぁそんで、ENOやVBCで使えるTSRリングを期待したい所ですが、
今の所ラインナップに加える予定は無いそうで、今後の追加も期待薄。

というのも今回の新30シリーズだけでなく、旧来のENO/VBCも継続して生産される為、
ホワイトインダストリーズの製品ラインナップは爆発的に増えた事になり、
加えて他社へのフリーシステムOME供給を進めているなど、
家族経営に近い現体制には限界に近いか、もしくは限界を超えていますから。


如何でしょう?ホワイトの新30シリーズの概要が何となく見えましたでしょうか?
え?何?全く分からんですと? うむ、ワタクシも分かっていませんので同士ですな。
その本当の所が如何なるモノかは、やはり現物が届かん事には何ともはや。

新製品の話を纏めたついでに、消えて行った旧品の話も少し。
例えば此方の偏芯軸シングルハブ「Eric's Eccentric ENO」
ハブ側でチェーンを張れる為、普通のフレームをシングルスピード化する際には、
定番中のド定番、というかコレを使わねば話が始まらないという一品ですが。
c0189724_19385830.jpgc0189724_1939735.jpg



現行のモノは固定ギア側がスプライン勘合の専用ギア対応なのに対し、
此方の在庫品は一般的なスレッドギアが使える分となっています。
Surlyのディングル固定ギアを使いたい人や、小ギアがチビる程走る人には、
「此方の方が良かったのに・・・」という人も居られる事でしょう。
135mm・32Hが一つだけ在庫ありますので、いつの日か思い出して下さい。


c0189724_19392319.jpg
あと此方は惜しまれながらも消えてしまった、
マルチスピードディスクハブ「MI6」

センターロック対応のCLDが登場し、
その後、6穴対応のXMRの追加に伴い、
旧6穴対応のMI6は廃盤となりました。


しかし・・・ホワイトのハブと言えば、
この胴がプックリ膨らんだ造形に尽きる!
そんな人は絶っ対に多いはず。

フロントは基本9mmQRですが、コンバージョンキットで15mmスルー化も可能。
フリーボディは11速対応のCX11仕様なので、MTBは勿論シクロにもグラベルにも。
ワタクシもモンキーで使っておりますが、ドラッグの少なさはエゲツないレベルです。

泥の中で使うなら黒アルマイトでないと管理が大変、と言う事で、
弊店では黒の32Hを定番と定め、数ペア買い入れストックしております。

けっして安いモノではありませんが、「コレじゃないと!」という方は是非。
by kaleidocycle | 2016-11-09 22:45 | 駄情報
<< 集中2日半。 秘密計画。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧