井戸端監視カメラ



成長18歳。

c0189724_19552679.jpg

つる~っとピカ~っと眩いばかりに輝く、
鏡面仕上げされたアルミ地の質感や良し。

ブレーキレバーのフードを外して、
大事に大事に磨き込む辺りに、
オーナーの愛着を感じますなぁ。


などと感心するワタクシにオーナーさんが一言。
「・・・普通に使ってただけです。」

c0189724_1955533.jpg
一歩引いて全体を見れば、なるほどなるほど。

「あんな感じにしてやろう」とか、
「こういうスタイルで行こう」等といった、
着地点の具体像は一切なく、
ただただオーナーが乗り易い様に、
使い易い様にと増改築された固定ギア。


使っている内にブラケットフードは千切れ飛び、
そのままアルミのブラケットを握り続けた結果、
表面はツルツルに磨き上げられてしまった、と。

痺れるほど格好良いやないか・・・。

床の間自転車の間逆を行く、リアルなハンドポリッシュ。
「細かい事はよう分からんけど自転車乗るのが好き」
そんなオーナーのスタイルが透けて見えるようで最高にイカしています。

是非このまま引き続き独自路線で乗り続けて頂きたい所ですが、
「今の生活様式に即した仕様に変えよ」との御依頼でしたので、
全バラ丸洗いからはじめてチョコチョコ部品を替えて~ので・・・。
c0189724_19561748.jpg



スチームローラー/お父さん仕様。

結構な無理矢理感&インチキくささを醸しておりますが、
こういった「骨の髄までしゃぶり尽くす」みたいな使い方をすればするほど、
何か・・・Surlyだねぇ、って感じがするのはワタクシだけでしょうか?


c0189724_19572020.jpg
Surlyの創業は確か98年なので、
今年でもう18年目になります。

先週お預かりさせて頂いた、
Surly11周年記念モデル「Ratride」も、
気がつけば7年も前のモノなんですね。

光陰矢の如しとは正にコレ。

そんなRatrideは24x3.45というファットタイヤを装着したモデルで、
見た目のインパクトは相当なモノであったものの、
替えタイヤ&チューブが入手困難である上、そもそもハンドリングが変な感じであるなど、
実際に乗る為の一台というより「景気づけのお祭的一台」という印象がありました。

しかし自転車は乗ってナンボですし、ましてやSurlyともなれば。
って事でガッツリ乗りたくなる方向へ、7年目のキャラクターチェンジ敢行。
c0189724_1957938.jpg


キャンディーレッドが眩いデッドストックのVelocity/P35に、
Surlyの新タイヤ「E.T. 26x2.5」をチューブレス仕様でセット。

舗装・未舗装問わず漕ぎ軽く、思い立ったが吉日でどんなルートへも突っ込んで行ける。
1x1にE.T.チューブレス、この組み合わせは滅茶苦茶良いです。
この快走感はついつい意味無く乗りたくなってしまう魅力がありますので、
きっと次に弊店に戻って来る時には、ボロッボロに乗り込まれている事でしょう。

さぁ、どないな成長を見せてくれるのか・・・楽しみですわ~!
by kaleidocycle | 2016-10-27 21:18 | 無駄
<< にぎにぎ。 タイミング。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧