井戸端監視カメラ



2017見聞録 その5。

c0189724_2024576.jpg
秋だから、でしょうか。
メンテ以上、オーバーホール以下、
そんな曖昧な作業依頼が続いております。


整備作業の8割までは掃除でありまして、
洗ったり磨いたりばかりを繰り返す内、
なんだかダスキンの人になった気分に。

昨日は展示会と言う事で煌びやかなニュープロダクツ達に囲まれていましたが、
自転車屋本来の仕事は地道なモノなのであります。



さてさて、そんな展示会に並んでいた製品達の中で、まず自分の目を引いたのは、
幅拡張と共にグラフィックを一新したAnswer/ProTaper

プロテーパーと言えば泣く子も黙る(誇張)ハンドル界のカリスマでありますので、
「プロテーパー」と書いてあるだけで神通力が通用する・・・と言う時代でも無い様で、
アルミ版は一気にド派手なグラフィックに、反対にカーボンは一気に地味にシフト。
c0189724_20295713.jpgc0189724_20301216.jpg



c0189724_20314491.jpg
「大事なのは見た目よりも中身」
てな事はまぁ当然ではありますが、
中身が悪い悪いハンドルなんて、
今時滅多にお目に掛かりません。

故に見た目の重要さが増す訳で、
DMR/Wingbarのニッケルカラーに、
思わず「良いじゃない・・・」と呟いたり。

c0189724_20322792.jpg
良いじゃない、だけでは済まされない、
そんなThomsonのチタンバー。

ライザーは驚愕の¥52,000!
フラットでも¥32,000!という価格は、
手が出ない以前に出す気が起きません。

展示会位でしかお目に掛かれませんから、
取り合えず拝んでおきます。パンパン。

c0189724_2032515.jpg

あ~神々しかった眩しかった。

ん?目が変になってんのかな?
ドロップバーが広がってる様に見える。

なぬ!これは!

c0189724_20331076.jpg
遂に上陸、トムソンのグラベルバーです。

書いてあるのは「Alloy-Gravel」という名称のみで、
価格未定の参考出品扱いでしたが、
年明け早々のデリバリー開始予定との事。


奇をてらわぬオーソドックスなシェイプですが、
ライバル製品と比べるとやや落ちが大きいか?

コレは欲しい、というか買いますね、うん。

c0189724_2034159.jpg
グラベル繋がりでこんなのも。

変化球サスペンションフォークLaufの、
グラベル用フォーク「Grit」
視覚的インパクトが凄まじい。

まぁでも確かにグラベル系の車両と、
Laufのシステムは相性良さげですので、
対抗馬としてSUS21復活、とかを期待。

c0189724_20352329.jpg
ほい、お次はパナレーサーが遂に放つ、
チューブレスCXタイヤ「Regacross」
世の中、どんどんチューブレス化が進んでますね~。

ただチューブレスに対応させた、というだけではなく、
側面の外側ゴム層を厚く設定する事で、
砂・泥との擦れによる摩損トラブルを抑え、
同時に腰のある乗り心地を実現しているとの事。


その恩恵から気圧を相当下げられる様で、
テストでは1.7キロで走っている人もいるとか。



「チューブレスなんて、ゴリラテープとシーラントがあれば何でも出来る!」
というのもあながち間違いでは無いのですが、
超低圧でワッショイワッショイ漕いで曲がってするならば、
やはりチューブレスタイヤ&チューブレスリムの方が安心。
c0189724_20353744.jpgc0189724_20355332.jpg



上の写真は左がチューブド用リムの「インフェルノ」で、
右がチューブレス対応リムの「ヘリックス」、共にSunのMTB用リムな訳ですが、
比べてみると端っこのビードが乗っかる部分に違いがあるのがお分かり頂けるかと。

性質的には似た様なモノであるインフェルノとヘリックス、その価格差¥1,800、
チューブレス化の予定があるのなら、此処をケチるべきで無い事は言わずもがな。

c0189724_20371326.jpg

チューブレスの話は終了。

変わって此方のサーモボトル、
なんとあののサーモスから自転車用が登場。
勿論ボトルケージにピタ!なサイズです。


同様品としてはB-Free製品が独走状態ですが、
追撃をかけるサーモスは容量600mlと、
B-freeよりも20%増量という戦術に出ました。

c0189724_20373097.jpg
パカっと開けると中からチューブが。

走りながら手に取り飲む、という、
自転車用ボトルとして正当な使い方に、
より適しているのがサーモス製品の美点。

ただこのチューブ・・・洗い辛そうですね。
そこが気になる人はチューブレスの、
定番B-free製品を引き続きって事で。

c0189724_20374531.jpg
話題を無理矢理チューブレスに戻した所で、
チューブラーにも言及してみましょう。

ステンのチューブ材を用いた日東の、
チューブラーボトルケージ兄弟群。
右端の大きなのは1ℓペットボトル用。

でも1ℓペットって色々な形がありますよね?
どの程度対応するんですか?と聞くと。

「此方はエビアン1ℓボトル用となっております。」

エ・・・エビアン用・・・なんとニッチな製品でしょう。
こうしたニッチに応えるのが、日東愛好家が多い要因なのかもしれませんね。
by kaleidocycle | 2016-10-13 22:33 | 駄情報
<< 追い討ち、追い抜き。 秋夢前線。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧