井戸端監視カメラ



チャレンジ・ジョイ。

「ホイール」が秋の季語である事からもわかる通り、秋にはホイル需要が高まります。
といった様な事はある訳も無いのですが、此処数日毎日ホイル組んでます。


そんなホイルの中の2本をポンポンと組みつけられた、此方のSurly/Straggler
c0189724_1750176.jpg


特に目立つ外観特徴は無いモノの、コンポは7000SLXで統一して質感高く、
グラベルキング40cのムッチリとしたフィーリングも合わさり、現代的にして道具的。
c0189724_17501092.jpg
リーズナブルにして完成度の高い、
1x11対応コンポのSLXですが、
純正チェーンリングは最大34tまで。

ストラグラーに34tは軽過ぎます。
が、登山が趣味のオーナーからは、
「花背が登れる様に」との要望があり、
それを思うと34tは案外正解のはず。

と、この様に使い手の希望に応じて構成して行けるのは、
フレームから組む事の面白さであり、最大のメリットでもありましょう。

対して完成車のメリットは部品一点一点の手配をかけずとも「すぐに手に入る」事と、
フレームから組む事と比べると「安価な場合が多い」という点ではないかと思います。

しかし安価な場合が多いというのは「構成部品が同じなら」という条件ありきですので、
例えばストラグラー完成車¥235,000に対し、今回のSLX仕様は20万以下だった様に、
フレームから組んだ方がニーズに合う&コストが抑えられるという場合もあります。



さて此方、Surlyの2017ラインナップに登場したクロスチェックの完成車。
フラットバーに1x9コンポで¥135,000と「まず乗って下さい!」という感じの一台。
c0189724_17504048.jpg



c0189724_1751575.jpg
価格は確かに圧縮されていますし、
拡張性の高いクロスチェックですから、
乗りながら自分の使いやすい様に、
徐々に変えて行くのも良いでしょう。

ただ構成部品を細かく見て行くと・・・、
「悪い」とまでは言わんですけど、
「ん~、コレかぁ~」みたいな感じで。



「あと数万足したら、数段優れた構成で組めますよ!」と言うのは簡単。
しかし¥135,000、¥135,000・・・ギリギリ何とかなるんと違いますかね?
c0189724_17512842.jpg



c0189724_17514028.jpg
そんな意味の無い完成車への対抗意識から、
完成車と「同じ系統」を「同じ予算」で組むという、
暇つぶし的チャレンジを始めてみました。


百円でもコストを抑える為、冷徹に削り捲くります。
が、「いや此処は抑えてもしれてるやろ」と、
捨て切れないお肉をついつい盛ってしまう。

それを何度も何度も繰り返した結果・・・、
¥135,000の壁が結構そこまで見えて来たぜ。

c0189724_17515320.jpg
メーカー完成車と同じ予算で、
より軽くより丈夫でより修理し易く、
そしてより良く走る一台を作る事が、
シマノの国・日本なら出来るという所を、
いっちょ御覧に入れたいと思います。

欲する部品の一部が生産待ちの為、
完成するのは10月下旬となりそうですが、
急いでいない方は是非ご検討下さい。

Surly CrossCheck(海賊版完成車)  予価¥135,000
by kaleidocycle | 2016-09-26 21:02 | 商品
<< 忘備。 さよなら三角。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧