井戸端監視カメラ



2017年への道。

次の火曜・水曜は2017展示会を見物しに出掛ける為、
本来定休日に当たる明日5日(月)は臨時営業させて頂きます。

c0189724_19432065.jpg
で、展示会に向けた調査と言うか、
「現場で見るべき点」の下調べは重要で。

例えば規格乱立するリアエンドに対し、
Surlyが出した一つの答「Gnot Boost」は、
Webで情報拾う限りでは分った様な・・・、
今一つハッキリせん様ななので、
現物を見ながらの答合わせしましょう、と。



そんな「現物は如何に?」というのと並んで気になるのが国内販売価格
エルマリアッチの退役に伴い、新たに登場するSalsaの27.5+トレイルバイク、
Timberjackの本国価格は約$1,400と相当魅力的な価格帯なので、
それが一体国内価格幾らで提案されるのか?気にならん訳も無いのです。
c0189724_19442246.jpg




理想を言えば¥18万くらいの値付けになれば!と願いますが・・・甘いか?
他社の2017年値付けレートを参考にすると¥20万程度という計算になりますが、
コレが¥18万で手に入る世の中って幸せな気がするので、少しだけ夢を見てみましょう。

そもそも「国内扱い無し」というのが答でショボンとする、そんな可能性もありますけど。



あと「以前からお願いしていた要望が通った!」という事で楽しみなのが、
同じくSalsaのアドベンチャーツーリングバイクVayaの2017年版。
完成車最上級グレードとしてカーボンフォークを装備したモデルが登場します。
c0189724_19443285.jpg




そんなVayaについてしていた「お願い」というのは他でもない、
完成車だけで無く、「フレーム売り」での展開を希望していたのです。
アア組みたいコウ組みたい&手持ちの部品を使いたい、そんな気分は常にありますから。

んで!めでたい事に!フレーム売りが設定出来る事になったそうな!
しかもカーボンフォークとセットの最上級グレードで、価格も¥10万を切る模様!

家に転がっているMTBのパーツとロードのパーツをチャンポンして、
雪の融けぬ冬季の相棒を仕立て上げるってなぁ、なんとも楽しげな話ではありませんか。


さて、実際に展示会場に並ぶ答はどんなモノなのでしょう?
二日間で計7社の展示会をブンブン飛び回る、割とハードな2017年展示会。
見落としの無い様、そして頭がパンクせぬ様、行って参る所存であります。
by kaleidocycle | 2016-09-04 20:37 | 駄情報
<< やらなななならん。 仕事の時間。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧