井戸端監視カメラ



USBリターンズ。

c0189724_17521719.jpg

午後になればまだまだ灼熱の昨今ですが、
ふと気がつけば、もう蝉の鳴き声が聞こえません。


数日前まで多くの人で賑わっていた川原も、
今や人っ子一人居らず、我独り川に浸かるのみ。

貸切だ貸切だ~い!
と、喜んではみるモノの、数分で寒さを感じ、
ベチャリベチャリと川原から出でる夏の終りよ。

c0189724_1753415.jpg

そうは言うても日向に出れば話は変わり、
肌焼く日差しの強烈さは、変わらぬ所か増す様にも。


なので喉潤す飲料はまだまだ必須な訳ですが、
我がトッツァン固定ギアにはボトル台座が無い

無いモノは無い、では済まされない。
諦め切れない、嗚呼諦め切れない。

c0189724_17531611.jpg
と、言う事で今年の春に登場した、
Kingcageの「何処でも台座」とでも言うべき、
USB(Unversal Support Bolt)を使い、
無事ボトルケージ&ボトルを装着。


有り難い、実に有り難い存在です。
しかし我が車両の様に無塗装であれば別として、
普通は取り付ける事により塗装を傷めざるをえず、
ちと導入に根性の要る製品ではなかろうか?
そんな事を思っていたのですが。

自分が思っているよりも世のサイクリストは肝が据わっているのか?
「何処にでもケージがつけられる」という事の魅力の前には傷など些事なのか?
初回入荷分は瞬時に完売し、日本の自転車店店頭で目にする事は殆ど無かった模様。

c0189724_17533611.jpg
「そうそう、着けようか着けまいかと、
 悩んだは良いけどモノが無かったんだ」

という皆様、お待たせしました、
USBの第二便が到着致しました。

Kingcage USB ¥1,000(税別)

前回は3サイズ展開だったのですが、
今回は1サイズ増えて4サイズ展開に。

で、USBに関して頂く質問として「どのサイズを選べば良いのか?」
冷静に整理してみると選び方は物凄く簡単、さぁ整理して参りましょう。

まずUSBのサイズは27mm/38.1mm/44.4mm/50.8mmの4種類ありますが、
これは全て最大径であり、締め込んで行けば径はドンドン小さくなります。
なので、一番デカいのを選んでおけば実は何にでも着く、と言えたりします。


しかし締め込んで余ったバンドがベロンとはみ出すのは美しくなく、また怪我の元ですので、
余分なバンドは切断するか、もしくは適切なサイズを選ぶ方が好ましいですね。
c0189724_2033897.jpg

では適切とは何を指すのか?
まず最小φ27mm(XS)サイズから行きましょう。

自転車の前三角を構成するクロモリパイプで、
φ25.4mmは極細の部類に入ります。
なので前三角に取り付けるのであれば、
φ27mmサイズは取り付け対象が限られ、
細さを売りにした一部の車両のみとなります。

なのでφ27mmサイズはフレーム用というより、
実質的にフォーク取り付け用と言えるかと。


反対に最大φ50.8mm(L)を必要とするのはどんなフレームでしょう?
店頭を見回して一番太そうなパイプはSalsa・Warbirdのダウンチューブだったのですが、
アルミの結構太目のチューブでφ48mm、此処に着けるなら確かにφ50.8mmですね。

しかし鉄でφ50.8mm(2インチ)パイプってのはそうそうお目に掛かりませんから、
φ50.8mmはアルミやカーボン、またはチタンの大径パイプ用って立ち居地。

c0189724_1753474.jpg
つまり一般的鉄フレームに着ける場合は、
φ38.1mm(S)とφ44.4mm(M)の、
どちらかになる、という事が言えます。

で、クロモリパイプでφ38mmってのは、
相当太い部類に入りますので、
常識範囲で一番使い易いのは、
φ38.1mm(S)という事になりましょうな。

じゃぁ44.4mm(M)は?と申しますと、
例えばダウンチューブのとても太いハードコア系MTBフレームに着けるであるとか、
「塗装を傷めたくないから」とゴムバンド噛ませて使おうという人には、
少し大きめのφ44.4mmを選んでおけば、まず間違いは無いかといった感じ。

c0189724_17535817.jpg
ワタクシなぞは極々常識的にダウンチューブに、
ボトルケージを着ける為に使用していますが、
そんな常識を吹っ飛ばすのがUBSの真骨頂。

キャンプ先の煮炊き用の水を運ぶ為に、
ダウンチューブ下に取り付けるもよし。

サスフォークのアウターレッグに、
シュラフやテントを括る為に使うもよし。

ハンドル全面やシートポスト背面に
荷物を固定する為取り付けてもよし。

まぁ、そんな使い方を此方が提案する必要など無いでしょう。
使い方の妄想&願望がまずあって、それを叶えてくれるのがUSBなのですから。
by kaleidocycle | 2016-08-22 21:08 | 商品
<< 寸法すっぽんぽん。 敢え物SPL。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧