井戸端監視カメラ



ミッチー・イーティー。

c0189724_2132761.jpg

暫く欠品していたSurlyの26+タイヤ、
「Knard26x3.0」が入荷して来ました。

弊店にとっては必需品の26+タイヤ、
コレでダートウィザードもナードも、
両方 in stockで一安心。


それと同時にやって来た、26+なのかどうなのか微妙な立ち居地の一本が。
・Surly Extra Terrestrial 26x2.5  ¥9,500(税別)
c0189724_2134089.jpgc0189724_2135196.jpg




「エクストラ・・・エクストラテレストリ・・・ッ!」
舌を噛みそうな名前に言語の壁を感じてしまいますので、
慣れ親しんだ「E.T.」という呼び名で参りましょう。

そう、エクストラテレストリアルとは「地球外生命体」といった様な意味で、
我々には懐かしいあの映画のタイトルとして刷り込まれています。

軍用ロボットに雷が落ちて~の、感情を持ってしまって~の、
女子と知り合い逃避行し~の・・・ってそれは「ショートサーキット」。
c0189724_218309.jpg
はい、話は戻って「E.T.」。

一度ファットバイクまで太った結果、
「良い塩梅」を求めて痩せて来た、
そんなSurly26インチの世界ですが。

丁度店頭に26インチが並んでいたので、
どの程度違うのか比べてみましょう。

c0189724_2185931.jpg

まずは50mmリムに26x3.0のナードを履かせた、
言わばフルサイズ26+とでも言うべきホイルが右。

んで左が35mmリムにETを履かせた分。


当然右のナードの方が圧倒的に太いです。
って2.5のETが同じ位太かったらビビリます、
そして数字が信じられなくなります。

まぁそうは言っても結構なボリューム感ですね。

c0189724_2192019.jpg

それでは続いて太さにおいては格下と言える、
TiogaのFS100の26x2.3と比べてみます。

スリック系の中では太い方で知られるFS100、
それを28mmリムに履かせているので、
普通の26インチとしては相当太い方です。


とは言え比べるとやはりETの方が太い、
いや、太いのもそうですがボリュームが違い、
中にこめられたエアの量は1.3倍くらいありそう。

c0189724_2194454.jpg

比べる事がおかしいのですが、
此処まで来ると同じ26インチでは括れないですね。

右は26x1.5・・・と思いませんか?
1.5ではなく1.75だったりするのです。


注目すべきは太さの違いでは無く、
御覧の通りのタイヤ直径の違いでありましょう。


c0189724_21102133.jpg
26x2.1のクロカン系タイヤと比べても、
これだけ直径の違いがありますので、
「26インチ以上27.5インチ以下」
そんな感覚になって来るのでは?

また比較的ノビーなパターンですので、
フルリジッドでのダートツーリングには、
相当調子良さげな雰囲気醸してますね。


正直な所、この「E.T.」がデビューした際はピンと来ませんでした。
太さも軽さも特筆すべき点がある訳でなく、コレで良いっちゃぁ良いんだけど、
別にコレじゃなくても良いんじゃないかね?みたいな感じで。
c0189724_21103239.jpg



しかしピターっと嵌まりそうな居場所をみつけまして、
クリアランス採寸して、その走行感に想像膨らませると・・・コレしかないやろ!と。

さぁ「E.T.」は未だ見ぬ新しい26インチの世界を見せてくれるのか?
その答はフレームの塗装が上がって来る1ヵ月後に分かる事でしょう。
by kaleidocycle | 2016-08-19 22:06 | 商品
<< 敢え物SPL。 リ・バース。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧