井戸端監視カメラ



ブラックシープ。

c0189724_19352442.jpg
最近疲れているのでしょうか?
目がかすんでかすんで・・・。
Vayaが3台もある様に見えるのです。

ゴシゴシゴシゴシ・・・ん?3台ある。
ああそうか、もうVaya祭の時期なのね。

ってそんなモンは無い。

夏のツーリングを視野に入れてかVayaを連続で御注文頂いただけですが、
比較的マイナー車種であるVayaが3台並ぶ姿というのは何か変です。

しかしよく見るとVayaに混じろうとして混じり切れていない、
醜いアヒルの子みたいな車両が写り込んでいます。
貴様!何奴!姿を見せ~い!
c0189724_19365041.jpg



フォッフォッフォッ、バレてはしょうがない。
ヘッドチューブの長さはVayaにも負けぬワシの名はSomaのSanmarcosじゃ。

c0189724_19374491.jpg

「誰が乗るか?」という結果を棚上げし、
9割方趣味で組んでいたサンマルコス、
仕上がった姿はこんなんでした。

構成部品を順に見て行きますと、
ハブはベタな感じでエネシクロ
相思相愛、正にコレって感じ。

出来る事ならもっとリーズナブルな実用系ハブを使いたかったのですが、
今は右を見ても11速対応ハブ、左を見ても11速対応ハブで、
素直に組んで良いテンションを出せる9速フリー仕様のハブは全然選択肢がない中、
このエネシクロ・カセットハブは9速フリーだってんだから・・・選ばない手は無い。


c0189724_19383519.jpg

さぁ良い感じにホイルが組めた。

次はコンポを選びましょう、となる訳ですが、
ロード系で11速以外のコンポとなると、
実質、10速ティアグラか9速ソラかの選択になり、
そない値段も変わらんならティアグラで、
シフターは勿論ダブルレバー、と行きそうな所を。

一歩立ち止まって熟考した後STIを選択。
目指すはクラシカル「風」などではなく、
オッサンが如何に楽にスルスル走れるか、ですから。



c0189724_19384949.jpg
アッセンブルに際し避けたかったのは、
「クラシカル風」という後ろ向きな答。

サンマルコスは偽クラシカルではなく、
最良の快楽ライトツーリングを目指し、
前向きに企画された一本だと思うが故、
自転車の顔と言っても差し支えない、
クランクは実用性を重視しシマノでGo!

と割り切れる程の胆力は未だ錬れておらず、やっぱスギノの定番XDに。
金属色艶やかな見た目だけでなく、46x34tという軽めセットを選べる点もよし。


c0189724_19405595.jpgc0189724_19411037.jpg


c0189724_1939142.jpg
しかしこのサンマルコスというのは、
何ともアクが強く、そして微妙な一本です。

ツイントップチューブばかりに目が行きますが、
懐古主義でなければスポーツ路線でも無く、
高級路線でないとは言え実用一辺倒でも無い、
そんな企画者の考える「塩梅」こそが、
最大の売り、チャームポイントなのかもしれません。


リーベンデールお得意のスタンドプレートとかも、
「スタンド便利じゃん?嬉しいでしょ?」てな風で。

c0189724_19403617.jpg
そんなこんなで楽しく組ませて頂いた此方。

コスト意識は割と高めで構成した積もりですが、
「どうせなら」という甘さが覗いてしまい、
ほんのり素敵系パーツも盛り込んだ結果、
電卓パチパチ叩くと・・・費用約¥28万少々・・・。

ジャンルが特殊でサイズも特殊でこの価格となれば、
そう易々と乗り手が見付かるとも思えません。

「いや、コレはワタクシにこそ相応しい!」
と言って頂ける方が居られるとするなら!

 ¥220,000(税別)って辺りで如何でしょう?
手前味噌ですがスッッッッゴク良いバランスに仕上がってまっせ!
by kaleidocycle | 2016-07-09 23:46 | 商品
<< 未来図。 改めましてこんにちは。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧