井戸端監視カメラ



フライング。

c0189724_15592083.jpg
今年一発目の展示会、と言う事で、
ヒール&トゥ決め決め(妄想)車を飛ばし、
やって来ました心斎橋in今朝。


「心斎橋」と偉そうに言ってみましたが、
正直、心斎橋が大阪の何処なのか?
未だによく分かっていません。

c0189724_15595610.jpg
大阪市内って広い上に道もややこしくて、
なんか分厚い説明書を読む時にも似た、
「苦手感」を感じてしまいます。


まぁそんなナチュラルボーン田舎者をも、
引き寄せる香りというか魔力というかを
フンワリ放っているのが・・・此奴。

ななななんと!


ZUNOWが再始動するって言うじゃないですか!
c0189724_160744.jpgc0189724_160151.jpg



そんな話聞いたらもう確認せずには居れん訳でして、パタパタと大阪まで飛び、
サンプルのフレームの前でハチドリの如く静止して喰い入る様に見つめてしまう訳です。

復活に際し、ZUNOW陰山氏の手によるモノと並行して、
ZUNOWラグを使った台湾メイドも予定されているとの事。
衝撃がいっぱい過ぎて頭の中こんがらがるわ~・・・。
c0189724_161299.jpg

個性溢れてジュルジュルなズノウラグを、
台湾の技術で今組んだとしたら、
出て来るモノは一体どんなモノかしらん?

オリジナルのズノウを手元に持つ身としては、
寧ろ台湾メイドのズノウが気になって仕方無い。


そんなとんでもない作戦をブチ上げたのは、
Rockbikesの創始者コンビ。

弊店、ロックバイクスの扱いは無く、単なる業界横繋がりのご縁だけであり、
彼等の商品を詳しくは知らなかった中、「こんなのもあるんか!」と反応したのが、
オリジナルパーツブランドとして展開するSixth-Compの、
「Machus-Wheel」という完組みホイールセットであります。
c0189724_1652955.jpgc0189724_1654333.jpg



今となっては殆ど選択肢のないシルバーのホイールセットで、
重量約1,500g/ペアと軽量で、価格もリーズナブルな¥55,000。
世の反応は流石に早いらしく、初回入荷分は即完売ですって!奥さん!


c0189724_1613870.jpg
さぁ、ズノウは見たから帰るか。

生産開始が楽しみだね~。


ん?君は誰?
何や禍々しい雰囲気を纏っておるね?

FABIKE・・・ファ・・・ファ?
ファーバイク?


Fabikeは付属のエンドを入れ替えする事で、120mmのトラックハブから、
130mmのロードハブ、135mmのMTBハブと使い分ける事が出来、
ブレーキもエアロVブレーキとフラットマウントのディスクを使い分け可能。
タイヤクリアランスも35cで余裕余裕なので、一本あれば色々出来ますよ!
c0189724_1621694.jpgc0189724_1623655.jpg



・・・カブリア紀の生物を見ている様な気分になるのは私だけでしょうか?
何でも出来るという懐の深さの反面、モノ凄っごいマニアックな世界観ですね。
コレをキッチリ使いこなせる人はとても格好いい気がしますが、自分は無理です。


c0189724_1635716.jpgc0189724_164854.jpg



c0189724_16441100.jpg
そんな混沌としたFabikeの横に並び、
「真っ当とは何か」という波動を送って来るのは、
台湾の新興ブランドAxman

長年OEM生産を行っていた会社の、
オリジナルブランドとして立ち上げ3年目だそうな。


価格を抑えながらもフルシマノコンポと言う事で、
質実剛健が売りな模様。

色々あるもんですね~。



c0189724_20435718.jpg
そんなNYCさんの展示会を後にし、
同日別会場で行われていた、
シマノさんの新商品展示会にも行ったのですが。

情報公開制限ってのがかかっており、
7月18日までは公開してはならんとのお達しが。


シューズ&アパレルの新商品群だったのですが、
これが・・・結構凄かったです。

感想を一言で纏めると「シマノってやっぱ怖いなぁ~」

来期はシマノシューズユーザーが激増する事間違い無し!
取り合えず自分は新型SPDサンダルの発売を待ちながら、引き続き雪駄で過ごしますです。
by kaleidocycle | 2016-06-22 20:53 | 駄情報
<< 未だ最中。 梅雨は梅雨とて。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧