井戸端監視カメラ



モーニング・シャワー。

c0189724_14224886.jpg

息子の目覚めと共に起き出し、
朝食を食べる姿を眺め~の、
保育園に送り出し~のしてから、
やっと着替えて走りに出掛ける、
コレがワタクシの基本的な段取りin朝です。

しかし其れ即ち走る時間が短く、
行動範囲も限られてしまいます。


父さん、もう少し遠く行きたい・・・だから。

c0189724_1423865.jpg

許せ息子よ!

という事で眠るこける息子を置いて、
本日は特別に早めの6時出走。


ダーっと続くダブトラの林道をね、
ペダル延々グルグル回し、汗を顎からポタポタ垂らし、
何も考えずにドップリって・・・妄想が妄想を呼び、
もはや実行しないなどという選択は消えた!

c0189724_14233246.jpg



c0189724_14234271.jpg
何せハンドルがこんな事になってもうたモンで。


過日、固定ギアにつけようと用意したけど、
何をどう考えてもシックリ来そうにない、
そんなツノ付き珍妙ハンドルの行き先として、
フルリジッドのモンキーST9を選んでみました。


すると、予想通りというか予想以上に楽、
登りも平地もツノを握ればとにかく楽。

下りは下りで全幅666mmの幅でガッチリ抑え込めて不安無し。
握り位置がかなり手前に来るのでハンドリングが少々妙な事になりますが・・・まぁご愛嬌。
c0189724_14244063.jpgc0189724_14245491.jpg



c0189724_14251897.jpg
このハンドルを使うとなれば、
サドルに座る位置も変わって来る、
ならばこのサドルはどうだろう?と、
着けてみたのはフィジークの「タール」

29er用サドルを謳い登場した此方、
「妙な形じゃな」と思いつつ使ってみると、
ほほぅ・・・確かにメチャメチャ前乗りです。

「29er=前乗り」という図式ありきな設定に、やや無理押し感を感じますが、
ST9の様にシート角が寝ている車両に都合の良い存在である事は事実。
ゴビの様にムチッと尻を包み込むタイプでは無く、どちらかと言うとツンドラに近い、
しかしツンドラの様に落ち着き所が無い風でもなく、坐骨は一箇所に据わる感じ。
かなり好き嫌いが分かれそうなサドルですが個人的には良い感触です。



元々はハンドリングの妙を楽しむ純トレイルバイクとして組んだST9ですが、
期待以上によく走ってしまう為、方向性がマランソンバイク的な事に。
c0189724_14261411.jpg
前28tに後11-36tの1x10で、
ロー28x36t=0.77というギア比は、
十二分な軽さと言えるのですが、
反面、トップ28x11=ギア比2.55では、
平地の巡航ですら全然速度が乗らない。

11sXTの新作11-46tスプロケを使えば、
前34tを使ってもロー0.74を確保しつつ、
トップ3.09となり、1速分少々重く出来る。

わざわざ11速化しても1速分少々、てか・・・。
c0189724_14275329.jpg



c0189724_1428392.jpg
麓では小雨でも、山の上では普通に雨。


時間と共に頭から足までズクズクに濡れ、
汗も邪念も洗い流してくれます。

嘘です、邪念は鎮火する事無く燃え盛る一方で、
「そうだ!フロントをダブルにすれば良いんだ!」
と閃いたふりをしてみたりもしますが。

足りないのは機材では無く時間であるという事実
それは雨に煙って見えなかった事にするのです。


by kaleidocycle | 2016-06-07 20:05 | 無駄
<< ネガ・ピッタリ賞。 蒸し虫網戸。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧