井戸端監視カメラ



鉄感アトム。

c0189724_20595345.jpg
本日GW最終日という事に加えこの天気。

「いざ!」と気合い入る人も多い様で、
自転車でフラフラ走っている脇を、
バイクや車が次々とパスして行きます。


んでまぁその駆けて行くマシーンの中には、
「ぬぉっ!」と目で追ってしまうのが多くて多くて。

ぬおっ!インテグラーレ!ぬおっ!TE27!
ぬおっ!ジュリア!ぬおっ!ノイエクラッセ!


c0189724_210812.jpg
ポルシェのGT3とかもドキッとしますけど、
「眼福眼福」と唸らされるのは、
やっぱり鉄感溢れるマシーン達。


なので自転車も鉄鉄してしまう訳ですが、
鉄感満載の一台を組もうとした際、
大きな壁となるのが「コンポの色」

チョイと前までは、コンポの色は黒系と銀系から選べる事が多かったですが、
シルバーコンポはあれよあれよと言う間に減って行き、今や黒系ばかり。

シマノでは105やクラリスでシルバーが選べますが「シルバー塗装」なんですよね。
求めているのはそういう事じゃない!金属感剥き出しのシルバーが良~のだ~!
と嘆こうが何しようが無いモノは無い。


「シマノで無いならカンパを選べば良いじゃない」とアントワネットさんなら言う事でしょう。
そう、鉄感を求めるサイクリストの最後の砦はカンパニョーロ。
c0189724_2103369.jpg




今回組ませて頂いたEBS/Hoboは弊店としては珍しくカンパ組み。
オーセンティックなクイルヘッドの鉄フレームにシルバーコンポ。
ホッとするというか何と言うか、「こう在るべき」という正統な姿ですな。

今回のプランは限定復刻版として出た「カムシン・シルバー」ありきでスタートしています。
カンパホイールとしては最廉価品と言う事で揶揄される事もあるカムシンですが、
胸を張って申し上げましょう「自転車は性能だけで走るモノに非ず」
というか常識範囲、サイクリングには十二分以上の性能です。
c0189724_2105420.jpgc0189724_21122.jpg


そして合わせるコンポは、やはりカンパのエントリーグレード「ヴェローチェ」
ついつい「あと何万円足したらアテナに手が届く」とか考えてしまい勝ちですが、
必要か否かを精査して敢えて選ぶヴェローチェって・・・ありだと思うんですよね。
c0189724_2112837.jpg

少しでも軽く少しでも高精度に、
少しでも楽に少しでも安く。

そんな効率化を求めるのは当然ですが、
一番大事な事ってのは人其々のはず。


自分が好きな世界観を写し取った一台で、
自分なりのペースで思いつくまま走る、
その事を一番に据えるとするなら、
ヒエラルキーからの脱出は挑むべき課題です。

まぁヒエラルキーから解き放たれてヴェローチェを選んだとしても、
コスト的にはシマノのアルテグラに匹敵しますから、選ぶのに気合いが居るのは事実。

金属味溢れるシルバーのコンポが再び増える日は来るのでしょうか?
もうホンマにね、シマノでもカンパでもスラムでも何でも良いから、
有機的金属感を全面に打ち出したコンポを出して欲しいと願わずには居れません。
by kaleidocycle | 2016-05-08 23:01 | 商品
<< 一里塚。 載せ載せ。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧