井戸端監視カメラ



載せ載せ。

本日は巷で話題沸騰中の此方を見て参りましょう。
c0189724_20313831.jpg
新型のかんじきです。

雪上歩行を助ける便利グッズも、
現代となれば此処までモダンになる。

かんじきと言えば、山本一力の小説、
「かんじき飛脚」を思い浮かべます。

c0189724_20314578.jpg

そういや山本先生って自転車好きだそうですね。
ならばきっとこのかんじきも気に入って貰えるはず!


え~・・・違いますね。かんじきじゃありません。
遂に来た、やっと来た、来てしまった、という感がある、
マルチケージの大本命であります。

King-cage Manythingcage ¥8,000(税別)


バイクパッキングの為のマルチケージとして最初に生まれたのは、
SalsaAnythingcage(=何でもケージ)でありまして、
今や世界中のバイクパッキング野郎が使う定番品という位置に居る訳ですが、
モノとして単品で見て格好良いかっつーと・・・そういうモンではないですね。

対して今回登場したキングケージ製品はまんまキングケージで、
興味ない人には「は?」って感じでしょうが、個人的にはどう見ても格好よろしい。
しかも素材が無駄にチタンという事で、「割れないか?」とか、
「そもそもこの形状は使い易いのか?」という野暮な疑問が無く無いですが、
無駄に格好良いので、そんな事はどうでも良くなります。
c0189724_2032467.jpgc0189724_20321262.jpg


c0189724_20323098.jpg
大体からして名前が良い。
王道Anythingに対しManythingという、
オッサンの冗談みたいな名前をつける心意気やよし。

エニシングケージは必要な時だけ着け、
それ以外は外すという使い方が多いと思うのですが、
今回のメニシングケージは意味なく着けたくなります。


ただこういった大型マルチケージというのは、
それ用に設けられた3点ダボが無い事には、
バッチリな耐久性を得られないというのが悩ましい。



3点ダボを装備したフレームやフォークというと本家はSalsaで、
Surlyをはじめ様々なメーカーでボチボチ増えているとは言えまだまだ少数派。
c0189724_20324023.jpg

「俺のマシーンには着かんではないか!」
と憤慨するアナタにUSB。

Kingcage USB @¥1,000(税別)

「Unversal Support Bolt」
略してUSBだそうですが、
若干こじ付けっぽい気がしますね。

c0189724_2033062.jpg

これをフレームなりフォークなり、
お好きな所に取り付ければアラ不思議!
ケージが好き放題取り付け可能に。


物自体は既製品のステンレスホースバンドに、
ボルトをくっつけただけ、と言えばそれまで。

多くの人が考え付くし、多くの人が製作可能でしょう、
なのでアイデア製品というと少し違う気がします。

この製品の最も評価すべき点は「この値段でやるか?」という所。
ホースバンド自体が¥200~300程度なので、小さいボルト用意して溶接して磨いてで・・・、
暇潰しに2,3個作る程度なら良いとして、仕事として考えるとゾッとするぜ。

車谷長吉の小説「赤目四十ハ滝心中未遂」で、毎日毎日部屋に篭って、
焼き鳥の串を刺し続ける内職ってのが出て来ますが、それに近いモノがあります。
c0189724_20335072.jpgc0189724_2034013.jpg


艶々塗装のピカピカマシーンにつけるとなると少々勇気が要りますが、
そもそもこのプロダクツはそういった可愛い子ちゃんには似合わんでしょう。

くたびれはじめた愛車と、もっともっと遠くへまだまだ走りたい、
そんなアナタにはきっと輝いて見えるであろう選択肢「USB」
Coolって、こういう事なのかもしれませんね。
by kaleidocycle | 2016-05-07 21:49 | 商品
<< 鉄感アトム。 GW錬金術。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧