井戸端監視カメラ



ハクいスケ。

オーダー頂いてから早数ヶ月と、随分お待たせしてしまいましたが、
EBSのTurnが今また一台、街に飛び出しました。
c0189724_16354873.jpg


お子さんと一緒に出掛ける為、という目的でのご依頼でしたので、
リアキャリアはYeppのチャイルドシートをダイレクトマウント出来る様に製作し、
重心をなるべく低く抑えて扱い易さ=安全性をブラッシュアップ。
更にスタンドはオプションの両立てスタンドで、不安感無くガチッと直立。
これでお子さんを乗せ降ろしする際に「自転車倒れない?」という心配激減。
c0189724_1636421.jpgc0189724_16361571.jpg



子供を乗せて移動するだけなら、ママチャリが最も効率的な選択ですが、
「母として求める使い勝手」「個人として求める趣味性」を両立させるとなると、
こういった「作ってしまう系」の一台も、中々良い線行ってるのではないでしょうか。


さて、母には母の「答」がある訳ですが、
母になる前のレディーには、やはりレディーなりの「答」があるはず。

それはどんなモノか?と問われましたならば、
「ドン!」と提示したいのが此方のソリッド過ぎる一台。
c0189724_1637135.jpg



Bombtrack Oxbridge-women  ¥105,000(税別)

ママチャリ・・・と言えばママチャリスタイルなのですが、
否が応にも滲み出てしまうシャープさは、「ママ」とは無縁のそれ。
c0189724_16373452.jpg

何せ素材がフルクロモリ

通常、この手のフレームはハイテン鋼か、
良くてダウンチューブだけクロモリなど。

その点、此方は全てクロモリ鋼、
フレームは勿論、フォークもクロモリ。


フロントハブはシールカートリッジベアリングのボルトオンタイプで、
穴数が32H、では無くてヒィ、フゥ、ミィ、ヨォ・・・28H!攻めてます。
c0189724_16384145.jpgc0189724_163938.jpg



クラシックテイストのエグリクランクから、スッと一直線に伸びるチェーン。
ママチャリでもシングルスピードはシングルスピードなのですが、
全く違う様に見えるのは何故でしょう?38tリングの所為なのか?
c0189724_16395064.jpg
いや、此奴はシングルに見えますが、
実はシングルスピードではありません。

なんとSramの自動2段変速ハブ
Automatixが装備されているのです。


漕ぎ出しは38x18t=ギア比2.11と、
シングルとしては基本的な重さですが・・・。

速度が乗って来て「足が回り切りそうだなぁ~」という辺りまで来ると、
自動的に「カシャン」とギアが重くなり、そのままスイスイとクルージング出来てしまう。

二段変速というシンプルな機構の為か、内装変速で多く見られる引き摺り抵抗も少なく、
意外なまでにスポーティーなフィーリングを得られる、なのに見た目はあくまでスマート。


クイル式のステムは仕上げも美しく、ハンドルにはブランド刻印(印字じゃない!)が施され、
車体同色に塗られたフルフェンダーはアルミ製であるなどなど実に隙が無い。
c0189724_1639163.jpgc0189724_16392381.jpg


ついでにヘッドセットはFSAのシールカートリッジ式で、
BBは開けてビックリ、タンゲ製品が出て来るというダメ押しっぷり。


チェーンケースも無い、スタンド台座も無い、キャリアダボも無い、
気を抜いてダラリと乗る為の便利装備は何も無い。
しかし、だからこそ他には無い「華」がある。
c0189724_16402313.jpg



こういった練り込まれた車両をですね、小股の切れ上がったチャンネーが、
シューっと乗りこなし颯爽と駆け抜けたなら・・・目で追ってまいますよ絶対。

でも、こういった車両を欲しがる素敵な(from男性目線)レディーなんてのは、
この世にそうそう居るモンでは無く、実際に興味を占めすのは、
髭が暑苦しいオッサンばかりなんだろうなぁ、とも。


他のメーカーがこういった練り込まれた切れ味鋭い車両を出さないのは、
「売れる気がしない」という当然過ぎるほど当然な理由からでしょう。

今回のオックスブリッジウーマンが生まれたのは、何かの間違いからだと思いますが、
奇縁あり弊店に来た稀少な一台、いつか素敵なレディーと出会う事を祈るばかりです。
by kaleidocycle | 2016-04-11 21:13 | 商品
<< ミッチャム。 同士諸君。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧