井戸端監視カメラ



戒律。

イスラームの世界にはスンナ派とシーア派というモノがあり、
其々正統を主張しているそうですが、弊店でもスンナ派とシーヤ派が存在します。

作業内容について「勝手にすんな」派と「勝手にしーや」派、ですね。
普通、勝手にすんな派が大勢を占めそうなモノですが、
イスラーム世界の影響があるのか無いのか、勝手にしーや派の方が多かったりも。
c0189724_16341388.jpg

此方、電動アシスト自転車の巨大ハブ。

モーターの出力がデカい事に加えて、
スポークの角度が変な風にしかならんとか、
そもそもスポークの品質が低いなどの、
悪条件の結果としてスポークが折れまくる。

で、折れぬ様に計らえという依頼ですが。

「この太さのスポークで信頼できる品質のモノというのは入手が難しいと思います。
 また、今回の様な折れ方の原因は超巨大フランジによるスポーク角度の非最適化にあり、
 根本的な解決と言うのはホイル径の大径化以外に無いとも考えます。
 ただそもそものスポーク長が非常に短い事からスポークの太さによる剛性確保は大きな問題では無く、
 太さを一番手落としてでも粘りのある高品質なスポークで組めば、今回の様な折れ方の対策として有効でしょう。
 そこで一番良いと思われる選択としてSapimのStorongという、
 首だけ2.3mmと強化されており、残りは2.0ストレートの製品が挙げられる訳ですが、
 首では無くニップル側で折れている今回の症状の対策としては、
 首だけ2.3で強化していても直接的な恩恵は少ないかとも思いますから、
 此処は費用対効果を重視して単純にDTのチャンピオンで組んでしまった方が良いかと・・・」

思うのですが如何でしょう?と聞いた結果、導き出された答が、
「勝手にしーや」となると、しーや派一名様ご案内。


まぁ要するに、最適な選択は何か?とい問いに絶対的答は存在しないに等しい中、
その決定権を此方に放って頂けるのがしーや派の特徴と言えましょう。
c0189724_16343361.jpg
しーや派だと仕事がやり易いか?というと、
それはもう絶対的に逆。
責任の所在が当方に来てしまいますから、
一つ選ぶだけで胃がキリキリと痛みます。


しかし選ぶ事の楽しみと言うのはやはりあり、
例えば今回組ませて頂いたGiantのTCX-SSなどは、
一つ部品を組み付ける度に「おぉ~」と感嘆。

そんな中、ぶち当たった壁が此方のOD2規格

コラムの上径が通常のオーバーサイズ(1-1/8)ではなく、
スーパーオーバーサイズ(1/1/4)となっている為、ステムの選択肢が少ないのです。

1-1/4となると、GiantのOD2以外ではCanyonが多く採用していますがまだまだマイナー。
ステムの選択肢はGiant、Ritchey、PRO、あとはスペシャ純正品とか。

まぁGiantの純正ステム廉価版¥3,000が一番堅実な選択です。
ただパッとせんなぁ・・・中堅グレード¥5,500ってのも代わり映えせんし。
リッチーだとチョッと素敵感出ますが、素敵さに対してコストが上がり過ぎる。
リッチー買うくらいなら、車体がジャイアントなのだからOD2カーボステムとか?やり過ぎか。
どれもこれも決め手に欠けるなぁ・・・ん~・・・。

と、数日考えた結果が。
c0189724_16344336.jpg



Giant純正ステム一体型ハンドル「Conect SLR Aero Integrated Drop」
如何でしょう?このクリスマスプレゼント感満載の化粧箱!
「コスト削って削って~、バランス取って~」ってのも良いけれど、
此処は・・・もう・・・思い切って・・・行きたい!つー事でついつい。
c0189724_16402012.jpgc0189724_16405210.jpg



ステム一体型ハンドルは世に数多有れど、
スーパーオーバーサイズコラム径のモノとなると滅多あるモンじゃないし、
更にフルカーボンモノコックという事で、ボルト&ナット以外は全てカーボン、
アルミ補強などが一切無いという造りは実に現代的ですな~。


一体型ハンドルは「ポジション変更が効かない」とか「コスト高」とか、
目を瞑れないデメリットもあるのですが、それ以上に・・・。
c0189724_16411926.jpg



c0189724_16421649.jpg
カ~ックイイですよね~!

シングルレーサーにモノコックハンドル、
もうウットリする位格好イイ。

全体的にはコスト意識高めにして、
メンテ性も重視した堅実志向ながら、
ハンドル一点豪華主義で画竜点睛。

と、良い良い一人で喜んでいても、オーナーが良いと言うとは限らない。
「勝手にしーやとは言ったが、こんな高価なハンドル入れて良いとは言っとらん!」
と叱られたならば、お代を頂く訳には行かんでしょう。

しかし自分の中ではこの選択が最良だと考えた結果ですし、
この立ち姿を見れただけでもう充分幸せなので致し方無し。

そう、それがしーや派の掟なのです。
by kaleidocycle | 2016-04-06 20:33 | 無駄
<< 春一番。 骨太っ子。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧