井戸端監視カメラ



骨太っ子。

全国四千万人(自社調べ)の26+愛好家の皆様こんばんは、空井戸サイクルです。

え~、26+規格の繁栄を狙い願い進めている「新・弊店独自26+フレーム」計画。
現在試作機を鋭意製作中なれど、自分に出来る事は「構成部品」を考え、
そして用意する事くらいですので、チョコチョコ部品を揃え始めて居るので・す・が。
その中で驚愕の事実に行き当たりました。
c0189724_21123639.jpg

まずは此方の画像を御覧下さい。

サンツアーの34mmセグメント、
Auronに26+ホイルを装着した姿です。


なんと!接触しています!

現在マキリで使っている32mmセグメントのエピコンには入るのに、
下り能力を強化した34mmセグメント・オウロンの方が、
タイヤクリアランス狭いなどという事があるのでしょうか?


微妙にノギスを入れ辛い箇所なので、紙切れを宛がい、
エピコン(現エピクソン)とオウロンのクリアランスを比べてみると・・・。
c0189724_21124951.jpgc0189724_2113163.jpg



あぁ・・・オウロンの方が3mmほど狭いです。

世の殆どの方にとっては「3mmの差がどうした?」という話だと思いますが、
ギリギリクリアランスの世界で生きざるを得ない26+規格において、
3mmの差はとてつもなくデカい訳で、活きるか死ぬかの瀬戸際なのです。


という事で~?
26+に興味津々の全国八千万の皆様に「オウロンは意外と狭め」って事をお報せし、
明日の定休日は己のフォークの選択を再び考えて過ごそうと思います。
by kaleidocycle | 2016-04-04 23:39 | 駄情報
<< 戒律。 たたえよ鉄兜。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧