井戸端監視カメラ



春待着。

c0189724_17521733.jpg
春が来たかと思う程の小春日和だった昨日から、
一転、今朝は雨で始まり、昼前上がってまた降って、
日暮れ近付く今では身震いする様な寒さ。

「春がこっち来とるど~」と浮かれそうになりますが、
時期尚早とは正にコレ、警戒を解くにはまだ早い。


でも言うてるうちに春は来る訳で、
そろそろ防寒着を仕舞う準備始めて~の、
サラッと羽織れる春物見繕って~ので。

こんなんどうでしょう?
CCP サイクルジャケット   ¥20,000(税別)
c0189724_17523847.jpgc0189724_1752518.jpg



「ブルゾン」という言葉が似合いそうな、パッと見地味な紺色の一着。
しかし袖のパターンを見ると、なるほどなるほどな変則パターンで、
自転車乗車姿勢で無理が出ない実用性とスタイリッシュさを両立。
c0189724_17532616.jpgc0189724_17533722.jpg



c0189724_17534818.jpg

腰部両サイドから背面に向かって続く、
大きなバックポケットは結構な容量で、
ストレッチ性豊かな素材と相まって、
入れた荷物は体に沿い、不快感少なし。

試しにダウンベストを入れてみると、
楽々入るし、着心地も至って普通。

c0189724_17541478.jpg

素材は透湿性の高い防風素材で、
柔らかくサラッとした素材感ながら、
意外なまでに強力な防風性を発揮。

一枚物ではあるのですが、
裏表で素材の質感が全然違い、
この辺りに防風性の秘密がある模様。

c0189724_17542975.jpg

こういったストレッチ性がありながら、
防風性も高いという素材は増えましたね~。

単純に考えれば、伸びる素材という事は、
織り目が広がるという事であり、
その広がった隙間から風が入りそうなモノですが、
何でこんなに伸びと防風性を両立出来るんでしょう?


不っ思っ議~っ、と呟きながらストレッチ。

c0189724_17543987.jpg

更に表面には撥水加工が施されていますので、
パラっと来た雨でズクっと濡れて、
ブルっと震えてゾクっと風邪引く、
そんな事態に陥る事を防いで・・・くれるかな?


「コレ着たら風邪ひきません」とまで言わねども、
春先にはパラッと小雨が降る事も多い訳で、
そういった時には恩恵を感じる事請け合い。

c0189724_17545510.jpg
そんなこんななサイクルジャケット、
CCPさんとしては結構久し振りだと思う、
「キッチリ自転車モード」の一着でありまして、
昨年末の展示会で見た瞬間、
「色・素材感・ギミック全てよし!」
と個人的にはとても気に入ったので・す・が。


一点、「惜しい!」と思う所があったので、
お願いを聞いて貰って追加して貰ったのが、
内側にあるこのポケット&ゴムループ

c0189724_175541.jpg
そう、これだけ薄くて軽いのであれば、
パッカブルであって欲しいと思うのが人心。

画像の状態はタグがついている為、
かなり荒いパッキングになっていますが、
本当であればもっと綺麗にパック出来るはず。


脱いだら丸めてバックポケットにポン。
寒くなったらサドルバッグから取り出しサッと羽織る。
この手のサイクルジャケットはそう在るべきです。

c0189724_17552990.jpg
単品でハンガーにかけて吊っていると、
別になんて事無い地味なジャケット。

しかしよくよく見ればパターンは秀逸で、
一見リブに見える袖と裾の部分は、
実は不思議な触感の医療用素材であったりと、
CCPらしさがジュワジュワ滲む一着です。


まぁそんな細かな事よりも大事な、
袖を通した時の気持ちよさと実用性の高さ、
それは皆様の手で直接御確認下さいませませ。


あと確認の為、今一度お伝えしておきますが、CCPの製品は通年でもシーズンでもなく、
「作る→売る→終了」の一撃離脱方式で展開されています。
なので、今回の製品も春物コレクションで暫く生産されるという事は無く、
「今コレクション」となりますので、その点ご注意召されよ。

by kaleidocycle | 2016-02-29 20:09 | 商品
<< 心の旅。 アン・スラックス。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧