井戸端監視カメラ



珍獣。

c0189724_19381036.jpg

「コレ組みんさい」という言葉と共に、
ドスンと持ち込まれた箱一つ。

ハーフ・・・バイク?何だこりゃ?

クラウドファウンディングにより生まれた、
ブルガリア発のヘンテコ自転車だそうな。

c0189724_19522771.jpg
ブルガリアてか。

ブルガリアと聞いて思い浮かぶのは、
まずヨーグルトがあって、次にブルガリアンボイス、
んで琴欧州と、あとは・・・ゲイスターAzisくらいか。

まぁ何でも良いや、箱開けよ。
メリメリメリメリ~!

c0189724_19382727.jpg

Halfbikeのサイトに上がっている、
組み立て方動画を見る限りでは、
IKEAの家具を組み立てる程度の工程っぽい。


動画に従いトントンと組み立てる、
組み立て・・・ってスポークがダルダル。

チョッと緩いとかではなく、信じ難いほどに。
コレを出荷した工場は勇気あるわ、うん。

c0189724_19384697.jpg
取り合えずテンション上げようと、
ニップルにレンチを掛けようとするも、
何故か掛からない。

おっかしいなぁ~と、よくよく見ると!
ホイル丸ごとぶっ掛け塗装、ってか。

ニップルに塗料がのってる為、
ニップルレンチが喰わんかったのです。

なんと大胆なコストカット手法でありましょうか。

輪界笑い話で、ある商社さんが中国の製造業者産に、
「激安予算ホニャララ円でママチャリを作ってくれ」と依頼し、
納品された車両を検品するとハブが全く回らない。
「へい!ハブ全然アカンやん!」とクレームを入れると、
帰って来た返事は「そんな予算で回るホイル作れるか阿呆」だった、
そんな話がありますが、コストカット最前線は本当にそんなんなのかもしれません。
c0189724_1939466.jpg

ホイルはニップルの塗料を捲りながら、
そこそこテンション上げてセンターも出せたけど、
スポーク切れそうで怖いので、そこそこで終了。


はい、次はクランク&BB見て行きましょう。
ホイルがコレだとBB締まってる訳無いですからね。

BB、BBっと・・・プ・プレスフィット!
よく見るとシェルにあたる部分がプラスチック、
なので、そもそもネジ切りでは使えなかった、と。

c0189724_19392052.jpg
凄いぞ、クラウドファウンディング。
凝り固まった常識をバキバキ破壊。

ブレーキに至ってはUブレーキを解体し、
左右に其々一つずつ配置。

ホイルを掴まず、ただ押し付けるのみ。
素晴らしく非常識でありますな。

c0189724_19395799.jpg
とかなんとかした結果、すっくと立ち上がった、
ハーフバイクとはこの様な珍獣でした。


コーナリングは体重移動のみで行う為、
ハンドルはオマケ、手を添えるだけです。

そうは言っても物凄くフラフラするので、
ついハンドルを強く捻ってしまいそうになりますが、
フレームの前半分は木製なので、
ハンドルに頼ると「バキッ!」といきそうで怖い。

c0189724_1940956.jpg
ニコニコしながらやって来たオーナーさんに、
自分の知り得た諸々を伝え、いざ試乗。

当然、一発では乗れません。
乗れないっ、乗れないっ・・・乗れた~!やった~!


しかしブレーキが一系統しか無いので、
日本国の公道で乗る事は法が許しません。

という事で前輪にどうやってブレーキをつけるか?
そんな大きな課題を残して一旦休憩。

メーカーHPを見ている限りでは、「未来のコミューター」みたいなモンかと思ってましたが、
コレは関西サイクルスポーツセンターに置いてあるアレの仲間ですね、ウン。
by kaleidocycle | 2016-02-12 21:04 | 駄情報
<< ネバギバ。 やってる?やってるやってる。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧