井戸端監視カメラ



今年のアイコン。

c0189724_186132.jpg

山を見ろ!

鳥だ!



c0189724_1871055.jpg


飛行機だ!


c0189724_1862815.jpg
いや!猿だ!

本年申年、モンキーの年という事で、
今朝は一年ウッキウキで過ごせる様、
マイ猿に跨り祈願トレイルライド。

フロントセミファット&フルリジッドのST9は、
見た目からは想像もつかぬ程に軽快に動き、
乗る度に色々勉強になる一台であります。

基本的にはライジンワークス製のセミオーダーで展開して来たモンキーにあって、
「台湾製造で1サイズ」と聞くと後ろ向きな廉価版と捉えてしまいそうになりますが。

ワークショップモンキー30周年記念事業として企画された「台湾坊主」は、
「フレーム製造の最先端である台湾だから出来る事」を詰め込んだ、
前向きな意欲作であり、マイ猿はその第二弾である「98-ST9」になります。
c0189724_1865546.jpg

で、昨年は27.5インチ用フレームとして、
「98-ST7」が生産&販売された訳ですが、
生産されたのはSTDサイズの410mmのみで、
計画当初あったラージサイズ440mmは、
生産に至る事無く、持越しとなっていました。


しかしそんなラージサイズが遂に!
台湾での製作作業が終了し、
現在日本に向かって飛んで来ているとの事!

今回生産分は410mmと440mm、其々20本ずつの計40本。
弊店では440mmを2本分けて頂く事になっており、早ければ月末にも届くかと。
c0189724_20445054.jpg


今でも「26インチの台湾坊主が欲しい」とか「29インチ買っとけば良かった」なんて声が、
チョコチョコ聞こえて来たりするのですが、今回のST7は27.5インチだけでなく、
「26+」のセミファットコンバチでもあり台湾坊主史上最も濃厚な一台になる上、
背が高めの人にとっては待望の440mmサイズもありますから、
もう・・・なんと言うか・・・ボーっとしてたらいかんぞえ!という話です。


いやホントね、MTBが好きなら是非一度は猿を飼って頂きたい。
独特のフレーム形状にばかり目が行きそうになりますが、
「フレームの違いとは?」とか「トレイルを走る際に何が求められるのか?」など、
MTBへの理解を深める為の要素がパイプの中にギッシリ詰まっていますから。

猿回しをはじめるなら申年が良いって言いますよね。
聞いた事無い?なら2016年から未来に伝えて行くのみですよ。
by kaleidocycle | 2016-01-08 20:51 | 商品
<< 死亡説。 論破ールーム。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧