井戸端監視カメラ



だらだらサドル話。

c0189724_17501581.jpg
そういやもう昨年末の事でありますが。

シュウィンやタイオガで御馴染みの問屋、
マルイさんが放つ新ブランド「Adept」の、
サドルが入荷して来ていました。


「そこそこリーズナブルで、そこそこ良いモノ感」
そんなのがブランドコンセプトなのかと想像しますが、
ラインナップ中、一番現物見たかったのがこのサドル。
Adept Urbane ¥3,800(税別)

形状としては特に目新しい点は無いVero社製品ベースなのですが、
大胆な切り返しと素材の使い分けで、見事に安っぽさを払拭しています。
上手い、実に上手い!パチパチパチパチ~!
c0189724_1750266.jpgc0189724_20333030.jpg


このルックスの安定感で¥3,800と言う価格、有り難い存在です。
「サドルで何を選んで良いか決め切れない」
そんな人の尻を支える基本となり得るのではないでしょうか?


c0189724_1750419.jpg
で、アデプトブランドのサドルは、
3種同時にリリースされているのですが、
新商品という意味では無く歓迎したのが。

Adept Hyride
 ¥3,800(税別)

ハイライド・・・ハイライド?

c0189724_17505213.jpg
どう見てもヴェルタ・コンフォートじゃないか!

見間違う事などあるものか!
オマエが廃盤になって俺がどれだけ落胆した事か、
オヨヨヨヨヨヨ~・・・。

「安くてアンコがたっぷりなのにシュッとしてる」という事で弊店定番だった、
ヴェルタ・コンフォートは、アデプト・ハイライドとして復活を遂げました。

「何だかんだでヴェルタコンフォートが気に入っている」
そんな皆様、今後はアデプト・ハイライドを引き続きご愛用下さい。


そう、サドルってのは選び出すとついつい高価な物に目が行きがちですが、
リーズナブルな商品の中にも光るモノは沢山あり、
己が尻とのマッチングは時に高価なモノを凌駕する事も。
c0189724_1751315.jpg

例えば此方のサドルなどは、
値段を越えた最高の一品です。

Dartmoor Trail
 ¥4,600(税別)

c0189724_17511442.jpg
小ぶりな形状ながらノーズ部のアンコ多めで、
前乗りしてもしっかり安定します。
また全面コーデュラナイロン仕上げなので、
トレイルでドカンと転んでも、
サドルが破れて泣く心配少なし。


破れて泣く心配が少ない、とは言え、
当然破れない訳など無いのですが、
そもそもの価格が安い為、
サドルにビクビクしながら乗らずに済む、
この安心感はプライスレス、と。


因みに一般的なサドルと並べるとコレくらいのコンパクトさ加減。
左はフィジークのツンドラ、右は同じくフィジークのクーヴァ・カメレオン。
c0189724_17513254.jpgc0189724_17514242.jpg


実用的でタフで、シェイプも格好良い上に値段も安い。
ダートムーアという少々マイナーなブランドゆえに、
陽が当たる事も少ないと思いますが、実に実に良いサドルだと思うのです。
by kaleidocycle | 2016-01-12 21:36 | 商品
<< 白米。 死亡説。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧