井戸端監視カメラ



オカモトゼロワン。

c0189724_19472291.jpg
やっと雨が上ったと思ったら、
また明日から雨予報ですよ、アナタ。

もう自転車洗っても洗ってもキリが無いから、
「泥ではない、塗装だ」という事にして、
このまま放置しておこうかしらん。


まぁしかし、この様な状態になっても、
それはそれと納得出来るMTBは良い。
ロードバイクがこんな状態になってしまうと、
気を失いそうになりますからねぇ。



これから来る冬の時期は、道路上に塩カルがバラ撒かれている上に、
積もった雪が融けて出る水が常に山道を濡らしている事になり、
ロードで走りに出るとなると、自動的に洗車がセットでついて来る。
c0189724_19474739.jpg
だからMTBの様に扱えるロード的な一台が、
ついつい欲しくなってしまったりもする訳で、
ワタクシなぞは暇をみつけては、
「フレームはコレで~、ハブはこんなんで~」
と、妄想の世界で計画を練っていたりします。

そんな中でタイヤはもうコレだ!と決まっているのが、
IRC Serac-CX Sand 32c ¥6,200


いやはや、とんでもないタイヤが出て来たモンだ。

c0189724_1948874.jpg
シラクCXサンドは以前から存在し、
ドライコンディションのレースでは、
愛用する人も多いと聞きます。

が、以前からあるのはチューブレスで、
今回登場したのはそのチューブドタイプ

つまり普通~に使う選択肢に入った、と。

レースとは無縁のワタクシが興味を惹かれるのは、このダイヤが細かく並んだトレッド。
オンロードでの使用で抵抗が少ない事は容易に想像されますし、
また水・雪・砂利などと出会う事の多い、冬サイクリング環境下での安心感もまた。
c0189724_19481934.jpg

そしてこのシラクサンドの何がとんでもないって、
重量たったの260gという阿呆みたいな軽さ。

23cや25cなら普通の重量ですが、
32cで260gって・・・もはや異常。
パンク対策など何も施されておらず、
もうペランペランのペランペラン。

更に表示よりも実測は細い事が多いIRCにあって、
24mmリムに履かせた際の幅実測34mmと、
猛烈なエアボリュームを秘めていたりもするのです。

「とんでもなく軽く、太く、しなやか」
・・・グラベルロードに履かせて走る事を想像するだけでウットリします。
パンクの恐怖との戦いになる事でしょうが、それは日々の功徳と祈りでケア。


当然、シクロクロスのレース用タイヤとしても良い仕事してくれるでしょうから。
c0189724_19484624.jpg


「担いだ瞬間腰抜かす」
みたいな軽量シングルには、
非常に良いスパイスとなるはず。


A-classのCXD4に履かせると、
ホイル持ち上げた瞬間、
チューブラーかと思う程に軽く、
TCX-SSにセットして、
フレームごと持ち上げると・・・。


こ・・・腰抜ける。


とう訳で冬眠なぞする気はさらさら無いという皆様、
冬も爽快にビュンビュン乗り切る為のドーピングとしてシラクサンド、お見知りおきあれ。

そして引き続きTCX-SSも宜しくお願い致します。
Sは現在商談中、Mは売約つくもキャンセルで現在フリーで御座います。
後日記:Mサイズ完売 Sサイズフリーです
by kaleidocycle | 2015-11-23 20:48 | 商品
<< ライト・マイ・ファイヤ。 Newスタンダード皮。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧