井戸端監視カメラ



水臭い関係。

c0189724_16683.jpg

ドサっと降った雨も今朝は一休み。


この隙に、とばかり出動するは必然。

濡れた落ち葉で時に滑る、
松葉が積もっている所は特に滑る。

これ即ち路面抵抗が少ない、と曲解し、
気分スイスイ滑る様に漕ぎ進める。

c0189724_1662561.jpg

水溜りをパシャッ!と二つ割りにし行く快感。


思い立ったが吉日、乗る気と時間さえあれば、
いつでも何処へでも行けるのが自転車の魅力。

雨上がりは勿論、雨降りの中だって、
気分が乗ればドンドン行きたい。

が・・・その気分に水を差すのが正に「水」

c0189724_1665315.jpg

自分が濡れるのは全く問題ない、
なにせ完全防水仕様の人体ですし。


ただ車体の方はそうも行かず、
迷路の様に入組んだ構造内部に、
水は浸み込み、そして溜まる。

c0189724_1673851.jpg
フレームに水が入って溜まるとかは良いんです、
それが即致命傷になる事などまず無いですから。

しかしベアリング部分、特にハブの中に水が入ると、
致命的ダメージへ向けて一直線。


外から見ても判断はつきませんから、
定期的にバラしてメンテするのが唯一の対策。

バラすのは当然邪魔臭い、となれば、
いきおい雨の中を走るのを控えてしまう訳で・・・。

「明日の事など気にせず今日を走る」そんな姿勢でありたいと思いはするのですが、
私の稼業は問題対策担当である自転車屋、ついつい先の事を考えてしまうのです。


c0189724_1672524.jpg

弊店恒例となった感もある、
「日本一汚いスーパーコルサ」の、
一斉総点検を今年も開催。

乗りに乗り込まれ汗の結晶だらけ。
その汚れを落として現れたのは、
焼き鯖の如く荒れ果てた姿。

・・・格好良い。実に格好良い。
こんなに真っ直ぐに自転車と付き合えたならどんなに良い事でしょう。

が、自分の自転車がこんな事になっているのを想像すると、
気を失ってしまいそうなので、やはり真面目に整備し真面目に走る方向で発奮すべし。
by kaleidocycle | 2015-11-19 20:03 | 無駄
<< ペコちゃん。 雨の日こそ。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧