井戸端監視カメラ



ナイスミドル。

c0189724_15345686.jpg

さぁ今朝もチャッチャカチャ~と走りますか。

と表に出ようにも・・・結構寒い。


太陽が上れば快適気候なんですけどね、
朝の内はキューンと冷え込みます。

すると末端から冷えが忍び込む訳で、
指先に穴の空いた古グローブは考え物。

c0189724_15353658.jpg
という事でグローブをおニューにチェンジ。
Giroのミドルウインターモデル「Blaze」であります。

Giro Blaze ¥6,000


Giroのウインターグローブと言えば、
Ambientが定番になって来る訳ですが。

カタログを見比べてもイマイチ違いが分かり辛い。
で、何が違うのかを解説させて頂きますとですね。

c0189724_15362610.jpg
ブレイズを引っくり返して裏を見ると?


左っかわが甲部分になるのですが、
モコモコとフリースが確認出来る通り、
アウターで言う所のソフトシェル的な感じ。
というか純粋にメンブレン入りソフトシェルですね。

対して右っかわの掌部分は、
人工皮革チックなマイクロファイバーのみ
この「のみ」って所がミソなので御座いますよ。

内部全周フリース張りで防寒性を求めたアンビエントに対し、
ブレイズは握り易さを重視して、風の当たる甲側だけをぬくぬく仕様にしている訳です。
c0189724_15364149.jpgc0189724_15365167.jpg



その方向性はパターンやサイジングにも現れており、
左のブレイズがGiroの素手感覚トレイルグローブ「DND」同様の、
掌から指先までピタッとタイトな着け心地を実現しているのに対し、
右のアンビエントは結構緩いフィット感となっています。
c0189724_1537281.jpgc0189724_15371249.jpg



ただ、アンビエントが意味無く緩フィットな訳も無く
冷たい風の影響を一番受ける指先はキツキツより緩めの方が保温性が良いからとか、
薄いインナーグローブを装着する可能性を考慮している(故に手首はベルクロ開閉)から等、
より低い気温下での使用を想定した造りになっている、という事でありましょう。
c0189724_15355478.jpg

で、自分がブレイズを選んだのは、
やはりこの指先が自由に使える感じ、
コレが欲しかったと言うのもありますし。

普通のフルフィンガーグローブでは冷たく、
かといってウインターでは暑過ぎる、
そんな中途半端な今の時期に、
最適なグローブはコレだ、と思ったから。

c0189724_1537382.jpg
実際に使ってみると、
カタログに書いてある「7℃~13℃」というのは、
中々に的確な数字なのではないかと思いました。

7℃位までなら確かに少し冷たくはあるけど、
辛いなどという事は無く、単に冷たいだけ。
反対に13℃越えると汗でベチャって来る。


それって正に今の事なんですよね。
こういった絶妙なミドルレンジってのを作らすと、
Giroはほんっと上手い、感心しますわ。

5℃まで下がると指先ジンジンし始めるでしょうが、
その際はOGKのオーバーグローブと合わせるし、
更に寒い雪中行軍ともなればバーミッツがあるしで。
今年の冬はブレイズを供に行ってみるです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
商品詳細、在庫状況、発送などについてはメール「mail@kaleidocycle.jp」か、
電話「075-755-6627」にてお問い合わせ下さい。

by kaleidocycle | 2015-11-12 17:18 | 商品
<< プラス、肥え太る。 奇襲。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧