井戸端監視カメラ



流星ハイライト。

c0189724_1333443.jpg
今年の夏頃からチョコチョコっと、
話が出て来ている此方の一台。

興味の無い人は「ぽかーん」でしょうが、
興味のある人は・・・ねぇ?


そう、DMRのNewTrailstarですよ。

c0189724_13341192.jpg
DMRのトレイルスターと言えば、
チョイと懐かし系の響きを感じますが。

そのトレイルスターが2016年モデルとして、
何もかもを一新しRelaunch=再発射される、
そんな話をDMRのHPやPinkbikeで見て、
興味津々な人も多い事でありましょう。


そんなNewトレイルスターのサンプルを、
先日見せて頂く機会がありましたので、
本日は各部を見て行きたいと思いますです。

c0189724_1335825.jpg
Newトレイルスター(NTS)の特徴としては、
27.5インチホイルベースである事に加え、
先日も少し書いた「27.5+規格」対応である事。

公称2.8幅までOKとの事ですが、
タイヤ部分のクリアランスは実測で80mm弱、
なのでもう一声、3.0くらいは呑めそうですね。


この27.5+対応のワイドクリアランスを、
短いリアセンター(425mm)に押し込むには、
当然何かしらの工夫が必要となりますので。

c0189724_13353999.jpg
ドライブサイドのみプレート張り付けで、
クリアランスを作り出すという、
極々定番の手法で対応。


どうやらフロントシングル専用設定で、
歯数もあまり大きなのは入らなさそう。
って入れる必要など無いですけど。

c0189724_13351657.jpg
エンドは勿論、DMRお得意の「Swopout」で、
142mmx12mmスルーアクスル用が標準でセット、
アクスルシャフトまで付属するのはチョッと有り難い。

スープアウトエンドは135mmx10mmや、
トラックエンドなどにも交換出来るので、
手持ちのパーツを活かしたい時には助かりますな。


あとブレーキ台座はポストマウントだったりします。
こういう点も今っぽいですねぇ。

ヘッドチューブは当然テーパー対応となりますが、上下ともにインテグラル
上は何処にでもあるカンパ規格なので、例えば家にOSヘッドが転がっていれば・・・、
下の1.5ベアリング&玉押しのみ新規購入、上は中古を使い回すというのも可能。
c0189724_13354871.jpgc0189724_13355871.jpg


c0189724_13363437.jpg
推奨フォークは6インチという事で、
27.5ホイルと合わせると、
前がグイっと上がって来ます。

が、その分跨ぎ高さを下げるべく、
トップチューブはベントしており、
どうやらS・M・L各サイズともに、
スタンドオーバーハイトは共通の模様。

c0189724_13362295.jpg
跨ぎが低い≒サドル位置上げれない≒漕げない。

ノンノンノンノン、現代では標準となった、
ドロッパーポストを使うに決まってまっせ。


という事で、近年主流になりつつある、
インターナル仕様のドロッパーポストに対応すべく、
シートチューブからダウンチューブへワイヤを流す、
「ステルス・ドロッパー・ルーティン」を設定。

ん~、やはり今っぽいですね~。

そう、NTSは実に今っぽく、そして現実主義的なのです。


ライバルとして挙げられるのはコメンサルのNewエルカミーノや、PPのシャン、
Surlyのインスティゲイター2.0・・・あと何があるでしょう?
まぁ他と比べてみると、NTSが下り快楽ベクトル強い一台である事は確か

c0189724_1847293.png


酒飲みながらノースショア系のムービー見てキャッキャッなって、
翌日朝からチェンソー担いでラダー組みに行って、
飛べると信じて飛んだ後、墜落して現実を知る、
そんな日々を思い起こさせてくれるNewトレイルスター。

「6インチフォークならいけるかも知れない」とか「セミファットなら・・・以下同文」なんて、
馬鹿なこと妄想してんじゃねぇですよ、と理性は諭すのだけれど、
それでもムラムラムラムラと・・・トレイルスターな自分が脳内で飛んじゃう。


妄想が本当に妄想なのか?若しくは現実になり得たりするのか?
気になって仕方ない人は、今月入荷して来る予定のNTSを狙うべし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
商品詳細、在庫状況、発送などについてはメール「mail@kaleidocycle.jp」か、
電話「075-755-6627」にてお問い合わせ下さい。

by kaleidocycle | 2015-11-01 22:00 | 商品
<< 独り踊り。 新陳代謝。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧