井戸端監視カメラ



食玩。

c0189724_16154210.jpg


朝の山は良い・・・。


秋の虫の音、
空高く飛行機の飛ぶ音、
イノシシの鳴き声。

それ等が静寂の中に、
ポツンポツンと現れては消える。



そして座って茶を呑む己独り。

と、山自体は良いのですが。

ホイルを極太の「26+」に履き替えたマキリで行くアプローチの峠は、
ノロノロとした動きにしかならず、爽快感の欠片も無い。と言うか少し辛い。
c0189724_16155145.jpg


しかし一旦土の上に飛び込んだなら、
正に水を得た魚の如し。

舗装路上では遅かったマシーンが、
ダートの上では突如快走マシーンに!


エアボリュームによるクッションとウルトラトラクションに身を任せ、
何も考えずに漕げば漕ぐだけ前に飛び出し、
ガレでもヌタでも臆する事無く突っ込んで行ける、しかも安全に。

もう頭の中ではモータルシンが爆音で流れちゃうです。


c0189724_16184347.jpgc0189724_16185381.jpg


c0189724_16223620.jpg

そう、MTBはダートを走ってこそのMTB。
山の中で活き活き走ればそれで良い。


しかし元気に飛ばすのもMTBなら、
杉苔をユックリ踏みしめて、
緑の中を散策するのもまたMTB。

近場のトレイルも良いのだけれど、遠くのもっと遠くの林道を走りに行きたい・・・。
でもその時「26+」なんかで行くと、峠幾つか越えた時点でへばってまいそう。



そりゃそうだわ、キャラが違うんだものよ。
もっと遠くの林道へ、もっと速く走って行きたいというのが願いなら、
選ぶ車両はこういうのになるに決まってますよ、というのが。
c0189724_16225511.jpg




Salsa Fargo2 (Mサイズ・フレームセット) 

29erホイールの巡航性&高い位置にセットされるドロップハンドルで、
あらゆる道をハイペースで駆け抜けるモンスタークロス「ファーゴ」。
「最近あまり乗ってない29erをバラして、ファーゴに組み替えたら・・・面白そう。」
と考える人にはフレーム価格¥76,000は魅力的でしたが、
今年から完成車のみの展開となったので、フレームセットはコレが最後。
c0189724_16244093.jpg

基本的にはMTBのパーツを使うファーゴですから、
組みあがったそれは29erMTBに近いはず・・・、
なのですが、実際は少し違いまして。

実際に乗っているオーナー達は、
ロード的な使い方をしている方が多く、
特に冬場の積雪&凍結にビビる時期、
ロードの代わりに乗られる事しばしば。


で、皆同じ事を言います「意外と走るモンやな!」と。

そう、先日ご紹介したVayaが「MTBの様に扱えるロード」であるとするなら、
このFargoは「ロード的に走れるMTB」と評すべきなのかもしれません。


そんなファーゴについての云々を、改めて説明するのは無粋かもしれませんが、
まぁ前説的なモンだと捉えて頂くとして、本題参りましょう。
c0189724_16234714.jpg

ファーゴは「フレーム&フォーク」ではなく、
フレームのみが基本でしたが、
此方はファーゴフレームではなく、
「ファーゴ2フレームセット」になりますので、
フォークがついて来ましてですね。

そのフォークが此方!

興味の無い方にはピンと来ないかもしれませんが、
「コ・・・コイツが!」と慄く人も居られるでしょう。

此方はSalsaの「FireStarter-Carbon」という製品なのですが、
価格がエグくてですね、まぁ・・・¥10万越え。
c0189724_16241115.jpg
いやいやいやいや!
Enveでも¥85,000なのに、
それは流石に無茶でしょう!


と思いましたね、初めて値段見た時は。

DTのアクスルが着いていると言っても、
シャフト単品¥1万そこそこですし。

c0189724_16242156.jpg
でもその感覚はきっと、
必要を感じた事がない外様ゆえの感覚。

このファイヤスターターカーボンの、
最大の特徴として挙げられるのが、
フォークに刻まれた「3つ穴ダボ」


此処にAnythingCageを装着し荷物を積載する事で、
キャンプ道具などの重量物を車体中央に集め、
軽快な動きと積載性を両立させる、と。

それを鉄フォークでやるなら簡単、何なら後から加工追加も出来ますし。
ただコレを軽量なカーボンフォークでやるとなると?簡単な訳が無い。
荷物の荷重に対する強度を確保せねばならんですからね。


それでも、少しでも軽量で少しでも積載性高めて少しでも運動性上げて、
と願う人が少ないながらも居るはずで、そういった層だけの為に作ったのが。
c0189724_16245758.jpg

ファイヤスターターカーボンなのでありましょう。

だから¥10万が高いと感じるならば、
買わなければ良いだけの話で、
「どうしてもコウであって欲しい!」という人には、
存在するだけで有り難いと言えるかもしれません。


「まぁでも俺は鉄フォークで良いや~」
という人であってもですね、
このフレーム&フォークで税込¥××万となれば?

c0189724_16252599.jpg

おい・・・それはフレーム買ったら、
フォークが¥××,000でついてくるのか?

それともフォークを買ったら、
フレームが無料でついてくるのか?


何か考えが纏められないけれど、
逃してはいけないチャンスな気が、
せん事も無い事も無い事も無い。


え~という訳でファーゴに魅力を感じられる皆様、
フレーム&フォークで手に入る&無駄に良いフォークが手に入る最後の機会です。

是非ご検討頂けます様お願い致しますと共に、
軽量シングルスピードモンスタークロスを組んで欲しい、と願いますです。


後日記:完売致しました!
by kaleidocycle | 2015-10-09 23:42 | セール
<< メズラシーシーピー。 ニッコリさん。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧