井戸端監視カメラ



最初から。

c0189724_18594273.jpg
朝、目が覚めると枕元で音がする。
「メリッ・・・ブビリ・・・メリッ・・・」

我が息子、1歳半になりました。
そして障子紙を破る快感を知りました。

よって息子の手の届く範囲の障子は、
まるで廃墟のそれの様な有様に。

c0189724_19232576.jpg
ここまで来ると補修などでは到底追いつきません。

暇をみつけて貼り直してみようかとも思いますが、
綺麗に戻した所で、翌日にはまた破られるはず。


そんな事を思いながら数日放置していると・・・、
どうした事でしょう!少し綺麗になりました。

障子を千切っては捨てを繰り返した結果、
障子紙がなくなってしまったのです。

無いモノは破る事が出来ないし、破られなければ見た目が廃墟チックになる事も無い。
光を和らげるという障子の恩恵は消えてしまいますが、
まぁコレはコレで問題解決と言えましょう、ウンウン。


そんな障子と同じく、「最初から無ければ問題も生まれない」という発想は、
自転車の世界でも「シングルスピード」「フルリジッド」という形で存在します。
此奴などは正に其れですね。
c0189724_190744.jpg


SalsaCycles El-mariachi-SS  ¥181,000(税別)

変速機は何処かへ雲散霧消、スパッとシングルスピードでメカトラブルは心配ゼロ。
フランジ幅の広いシングルスピードハブなので、ホイルも強く走りは鋭い上、
捻じ込み式では無くカセット式ハブなので、コグを2枚つけてディングル化も容易。
c0189724_1901746.jpgc0189724_1903964.jpg




そんなシングル化の肝となるのは此方のエンド。
サルサ独自の「オルタネーター」と呼ばれるスインガーエンドで、
チェーンテンションを調整する際、ホイルと一緒にブレーキキャリバーも動く為、
ブレーキ調整は一度決めればその後はズレが起きない優れモノ。
という事はディングル化した際にも、ギアを架け替えるのが超楽チン。
c0189724_1912193.jpgc0189724_1913128.jpg


そんなフレームの能力を活かすべく、構成部品もバッチリで、
ブレーキには信頼のシマノ・デオーレ油圧ブレーキ採用で、
トラブルも少ないし補修部品は安価&入手も簡単。


クイックが締め心地優秀で見目麗しい定番品「Sasa・Fripoff」なのも嬉しいし、
ホイルに目をやると、リムはStan'sの軽量リムであるというだけでなく、
最初からチューブレステープが巻かれているというのは驚き!
タイヤもチューブレスレディーのシュワルベのNobby-Nicなので即チューブレス化OK。
この価格帯の完成車でフォールディングビードであるだけでも驚きなんですけどね・・・。
c0189724_1932947.jpgc0189724_1933855.jpg



そう、エルマリアッチSSは手抜き無しの戦うシングルなのです。
ヘッドはテーパー対応のZS44で、そこにブッ刺さるフォークもまた・・・、
テーパー&15mmスルーアクスルのクロモリフォークと言う、
自分も買って使っている「Cromoto-Grande 15mmTapered」です。
c0189724_1915812.jpgc0189724_1921060.jpg



定価¥25,500(税別)なのですが、同様品となると基本的にオーダー製作になるので、
アクスル込みでこの価格は非常~に安いですし、
それがフレームと同色でついて来るなんてもう・・・ねぇ。
c0189724_19225775.jpg

そんなハイレベル完成車である、
エルマリアッチSSにですね。

マイマシーンに履かせている、
「29+」の前輪を嵌めてみると。

何かもう・・・完璧?
と言うかこの形で出したい。


因みにハンドルは替えました。
自分の愛用品でもある、
Salsaの「Bend2Bar」です。

純正だとフラットバーなのですが、
色がねぇ、オレンジアルマイトで、
無闇矢鱈に派手だったので・・・。

c0189724_1923762.jpg
どうです?良いでしょう?
でも此奴は実は2015モデル、
2016年、SS完成車は出ないんです。


なので今、同様フルリジッドSSを作ろうと思うと、
・エルマリアッチ フレーム ¥95,000
・クロモトグランデ15テーパー ¥25,500

とフレームセットだけで¥120,500が必要。

そうやって冷静に考えると・・・、
どうです?良いでしょう?

まぁそうは言うても2016年モデルで無い事は確かですから、
定価とは申しません、定価とは申しません、定価とは申しませんよ~っと。
後日記 : 売約済みとなりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
商品詳細、在庫状況、発送などについてはメール「mail@kaleidocycle.jp」か、
電話「075-755-6627」にてお問い合わせ下さい。

by kaleidocycle | 2015-09-29 21:12 | 商品
<< 2016ひらけゴマ その6。 ごっつぁんポイント。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧