井戸端監視カメラ



行く猿、来る猿、戻る猿。

c0189724_17581090.jpg

モンキーさんからお預かりさせて頂いている、
台湾坊主ST7の大小2台。

約1ヶ月、弊店店頭にあったST7ですが、
週明けには次のお店さんへバトンタッチと相成ります。


なので今週末が最後のチャンス!
気になっているけど乗っていない、勇気が出ない、
そんな方は明日、発奮してお越しやす。

とは言ってもSTDサイズ30本は既に完売しましたし、
Lサイズについてはまだ生産予定未定という事で、
乗って気に入った所で、手元に来るのは暫くお預けなんですけどね・・・。



待てない。明日が来るとは限らない。
そんな今を生きるアナタに、お客様からお預かりした此方をご紹介してみましょう。
c0189724_17583121.jpg


台湾坊主の第一弾、98-ST6の中古車両になります。
ワークショップモンキーさん30周年記念として製作された台湾坊主ST6.
「これぞモンキー!」というニュートラルなバランスは今でも輝きを失う事など無し。
c0189724_17593735.jpg


ホイルはEastonのHavocに、
フォークはRockshoxのRebaXXで、
ステム&ピラーはトムソンと中々にゴージャス。

当時価格で言うとコレだけで¥25万オーバー。


それらを支えるコンポーネントは、
SLXの2x10で過不足無し。


c0189724_17594531.jpg
製作時期は3年前になりますが、
ロードメインのオーナーという事で、
出動回数はかなり少なく、傷らしい傷も無く、
MTBとしてかなり良い状態と言えるでしょう。

お座敷MTBだった事もあり、
一度フルメンテしたい所ですが、
取り合えず乗って様子を見るのもありかと。


そんなこの一台、オーナーの希望価格¥××万
後日記 : 次期オーナーと商談成立

「MTBはやっぱ26インチじゃないと!」という26インチ原理主義者の方、
もしくは当時欲しかったけど手が出せなかった、そんなアナタ。

欲しいという気持ち次第では価格応談との事ですので、小猿を一台飼ってみませんか?
by kaleidocycle | 2015-09-03 19:28 | 駄情報
<< 五分五分主義。 振り向けば。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧