井戸端監視カメラ



新機軸確認作業。

テストだテストだ、テストライドで~い!
c0189724_19344444.jpg

という事で駆け出した盆前の朝。

跨るはモンキーさんのプロトタイプ試乗車、
台湾坊主「98-ST7」、かと思いきや・・・。


ち、違う!
このスーパーマシーンは、
一体何者なのだ?


先日トップチューブぶった切り作業を行ったEBSのボッカ改です。
c0189724_19353671.jpg


ホリゾンタルのトップを差し替え、ループトップとしたスタッガート形状、
どうでしょう?塗って組み上げるとかなりイカしてませんか?

c0189724_19364456.jpg
そもそもこのボッカ改は、
後にチャイルドシートを取り付けた際、
前からフレームを跨げた方が便利、
という事で加工したのですが。

それに伴う林道走破性の変化が、
どの様なモノなのか?と気になり、
まずは素の状態で林道へ出向いた今回。


c0189724_19362631.jpg

良い・悪いとか感じ始める以前に、
トップチューブが無い事の違和感は絶大。
ノーパンで出掛けた様な感じ、と言えば近いか。


しかし手前味噌ですが、相変わらずよく走る。

この踏んだ時の自然に進む感じは、
ボッカの其れをそのまま維持しており、
目を瞑って走れば違和感はほぼ無いかと。

ただ切るモン切っちゃったのでヘッド周りの剛性はやはり下がり、
特に横剛性の低下は顕著、イチビって攻めるとフラっと破綻します。

c0189724_19371034.jpg

でも全然OKなレベル。
この自転車で攻めようって方がどうかしてる。


オンロードを気楽&軽快に走り、
オフロードへも臆する事無く入って行ける、
そんなトレッキングバイクとしての性能は、
充分確保出来ていますから。

c0189724_19372060.jpg
そう、MTBとしてでは無くて。
クロスバイクでもママチャリでも無くて。

「自転車がコレだから何々が出来ない」
そんなくびきを叩き割ってくれる一台として、
この一台は凄くオモシロい存在となりそうです。


林道を走るだけでは無いのだから、
ライトもバレットライティングをセットし、
いつでもどこでも走る準備は万全。

子供を載せる為だけなら、ロングテールや電動の方が確実に優れていますが、
「もっと軽快に、漕いでいる自分自身も楽しく子供と移動できたなら・・・」
そんな100%保護者になり切れないサイクル野郎への一撃たるボッカ改。
c0189724_19374058.jpg


子供を載せる為のキャリアと、その際に便利な両立てスタンドも同時製作していますが、
暫くは素の状態のまま色々な林道を走り込んでテストを続け、
気が済んだら子乗せとスタンドを取り付けて息子を載せダートライドテイスティング!


ってやると母チャンに怒られるので、10kgの米袋でテストしようと思います・・・。
by kaleidocycle | 2015-08-11 18:24 | 商品
<< リコメンどらねども。 送り火を愛でる会2015へのお誘い。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧