井戸端監視カメラ



冷却の道。

c0189724_16334032.jpg
小学生の頃はよう言われたモンです。
「夏休みの宿題は涼しい午前中にしなさい」と。

しかし今、自分が同じ事を小学生に言えるか?
きっとよう言わんだろうな、と思います。

だって、朝でも全く涼しく無いんだから、
「涼しい内に」という前提が成立せんです。


今朝も、固定ギアで峠ひとつ越えただけで、
もう汗腺全開、汗ダダ漏れという有様。

c0189724_16343847.jpg
連日熱帯夜で、夜間でも26℃を下回らない。
とは言うても日差しが無い分、マシなはず。

そう、こうなりゃナイトライドに逃げるが勝ち。
日暮れの街を背に、涼気を求めて山奥へ。


イヤッホ~!
・・・あれ?街灯が無くなるといきなり暗黒。
そりゃそうです、街中で使うライトと、
夜の山で必要とされるライトでは少々違う。

c0189724_16345630.jpg

「コレ位のレベルであれば、
 街灯の無い山道でもなんとかなる」
と言う事で弊店現在最定番のライトが。

GP CG-123P  ¥4,000(税別)


c0189724_16351782.jpg
林道のナイトライドにコレ一つで、となると、
流石に少々の危険と恐怖を覚えんでもない。

ですがオンロードサイクリングであれば、
コレ一つで充分行けるレベルにあります。


ハイ・ミッド・ロー・点滅の4モードで、
市内は点滅、市街地はロー、山道はミッド、
街灯ゼロならハイと使い分ければ、
一晩中でも照らし続ける事が可能なスタミナ。

バッテリーは、電池交換の要らないUSB給電方式なので、
ランニングコストは限りに無くゼロに近く、ケーブル繋げば2時間で満充電。
c0189724_16352960.jpg
重量も50gしかないし、
ケーブル無しで充電できるし、
懐中電灯代わりにポケットに忍ばせた際、
間違って点灯させてしまわない位置に、
On/Offスイッチもあるしで実に有能。


唯一問題を挙げるとするな・ら・ば。
このホルダーでありましょう。

使う分には良いんです。クリップ式ですが固定力も充分以上で、
任意の固定位置を選べて前後バランスをゼロに出来るので、段差でお辞儀をする事も無い。

じゃぁ何が問題なのか?補修部品として替えが用意されていないのです。
c0189724_16354559.jpg
もしホルダー折れたら?ホルダー盗まれたら?
その時からこのライトは自転車用ではなく、
ただの小さい懐中電灯になってしまう、と。

んな事は滅多に無いでしょう。
心配し過ぎかもしれません。


でももし「ホルダーが~!」となったなら、
その時はコイツの事を思い出して下さい。
Twofish ロックブロックライトホルダー
 ¥930(税別)


c0189724_16355623.jpg
新鮮さなど微塵も感じさせない、
見慣れ過ぎたこのルックス。

そう、マグライトホルダーとして、
かなり昔から存在する此奴なのです。

昔はこんな個別包装ではなく、
箱にドサッと入っていた気がします。

c0189724_163677.jpg

で、マグライトホルダーとして有名であっても、
マグライト専用である訳も無いので、
CG-123でも勿論ビシっと固定出来ます。

と言うか・・・純正ホルダーよりも確実な固定力。
取り外しの簡易さは純正の方が上ですけどね。


勿論、安い&明るい!で御馴染みの、
「ジェントス閃」などを固定するのにも素晴らしい。

c0189724_1636252.jpg
そんなライトホルダー。

歴史が長い事に加え、構造が単純なので、
もっと安価なフォロアーが沢山あります。


けど一番メジャーなフォロアーで¥700
ほんでアメリカで労働者がセコセコ作る、
このトゥーフィッシュ製品が¥930

この差くらいなら・・・アイデアへの御苦労賃というか、
リスペクトって感じでトゥーフィッシュを選びたい!

と、そんなこんなでナイトライドの一歩目としてCG-123を是非!
一歩踏み出す前に半歩なら、家にある懐中電灯をトゥーフィッシュのホルダーで括り付け、
灼熱の街から脱出で~い!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
商品詳細、在庫状況、発送などについてはメール「mail@kaleidocyle.jp」か、
電話「075-755-6627」にてお問い合わせ下さい。

by kaleidocycle | 2015-08-01 20:22 | 商品
<< 魂売買。 8月の営業予定。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧