井戸端監視カメラ



相棒。

c0189724_15583866.jpg


明け方には降っていた、
そんな事とはつゆ知らず。


今朝も梅雨のムワッと気候の中、
ジャバっとズバっとツユダク・ライド。



湿度100%(誇張)の中であっても、
喉が渇く人類の不思議。

こんなムワッとした中だからこそ、
キュッと冷えた飲み物が旨い!

c0189724_15595729.jpg

まぁでも気温が高い中でありますから、
保冷ボトルに氷を突っ込んで出掛けようとも、
「喉渇いた!」という時には既に温い事しばしば。

その点サーモボトルの保冷力は強力で、
数時間走っても中身はキンキンに冷えたまま。


でも自転車のボトルケージにピタッと嵌まる、
そんなサーモボトルとなると、此奴くらいでは?

c0189724_1601242.jpgc0189724_1602393.jpg


c0189724_1604451.jpg
家で入れてきた氷もほとんど解けず、
中身のアイスコーヒーも薄まってない。
即ち旨い!

走りながら飲む事も勿論可能ですが、
キャップのボタンをプッシュでポン!
そんな開閉システムゆえに、
やはり止まって休憩時に飲む方が自然。



このボトルを使い始めて約1年経ちますが、想像以上に便利な事が分かりました。
c0189724_1605246.jpg

例えば車の運転のお供にも最適。

缶飲料だとすぐ温くなりますし、
ペットボトルは両手でキャップを回さねばならない。

その点、このサーモボトルだと片手の操作で開き、
閉めるのもまた片手で可能、即ち安全。

温くなる事もなくズッと冷たいモノが飲めますし、
大体中身を家で入れていけば金も掛からんしで。

自転車との相性を求めた製品ではありますが、基本はサーモボトルですので、
冬は暖かい飲み物を暖かいまま、夏は冷たい飲み物を冷たいままと、
純粋に便利な水筒としても活躍してくれます。

なので、弊店によく来られるお客様であれば、
店頭でこのボトルからチビチビ茶を飲むワタクシの姿を見ておられる事でしょう。
c0189724_162047.jpg

そんなこんなで1年も使い続けますと、
遂々横着したり、糖類入れたりで、
パッキン類がカビたりもします


定期的に殺菌消毒などはしていますが、
まぁ気分の良いモノではありませんね。

c0189724_1613411.jpg

普通のボトルの様に「カビたから捨てる」という、
勿体無い事をする必要はありません。


黴易い場所、即ちパッキンですが、
補修用パッキンキットも用意されており、
しかもその価格がたった¥200!

そう、カビたなら新品に替えれば良いのです。

c0189724_161520.jpg
本体はステンなので黴とは無縁ですし、
キャップの形状も洗い易い形状なので、
清潔に保つ事は然程難しくありません。


が、癖で飲み口を齧ってしまう人や、
落としてキャップを割ってしまった人は、
キャップも補修部品で出ます。

補修部品としてのキャップASSYはやはり安いとしか言えない¥500!
ASSYというだけあり、上記したパッキンキット二百円が組み込まれて五百円!


c0189724_1621363.jpg
正直な所を申せば、はじめてこの製品を見た時、
そのえもいわれぬニトリ的な外観に、
「コレはアナタ・・・チョッと色気が無いねぇ」
と舐めて掛かっていたりもしました。

が約1年使い続けて改心しました、
滅茶苦茶使える奴ですわ。

名前も結構ダサいです。
B-free クール&ホット500E  ¥3,100
でも兎に角実用の権化的サーモボトルではあります。

騙されたと思って買ってみて下さい、手放せなくなる事請け合い。

検討して頂ける方に2つ情報を。
1、このボトルと組み合わせて一番使い易いボトルケージは、
  恐らくゼファールのスプリングケージ(¥550)です。
  収まり、抜き差しの簡易さ、共に最高レベル。しかも安い。
2、スターバックスでグランデ入れて貰うとジャストで入ります。
  夏はアイスコーヒー、冬はホットでグランデ詰めて、さぁさレッツドリンキン。

by kaleidocycle | 2015-07-03 19:06 | 商品
<< 迂回。 ギブネってみる。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧