井戸端監視カメラ



ギブネってみる。

c0189724_1718476.jpg

気がつけばとっくに祇園祭が始まってました。

が、コンチキチンが響くエリアに行く事など、
一年を通して滅多に無いので関係なく、
雨上がり水量の増した川沿いを走り、
初夏の雰囲気に身悶えるワタクシでございます。


未だ梅雨の最中と言う事で湿気はありますが、
暑からず寒からずで走り易いとは言えましょうな。

c0189724_17181413.jpg

まぁそんな訳で灼熱のサイクリングシーズンが、
もうすぐそこまで来ている、というタイミングで、
GevenalleCX1を使い始めてみました。


ギブネールですよギブネール、うん。
そう分かってはいるけど遂々・・・、
旧称であるレトロシフトと呼んでまいます。

結婚して苗字変わった知り合いを、
どうしても旧姓で呼んでしまう、みたいな。

まぁんな事ぁどうでも良いとして、手持ちのロードが2台ともWレバーのワタクシ、
気分転換に棲み分けを進めてみようという事で、この度晴れてギブネールデビュー。


c0189724_17183514.jpg
今までダウンチューブについていたシフターが、
ブレーキレバーの位置に来る。
と言う事はハンドルから手を離さず変速出来る。

便利~。

となるはずだったのですが、最初の感想は、
あ・・・あれ?怖い~!
今自分がブレーキ握ろうとしているのか、
シフト操作しようとしているのかがこんがらがります。

此処10年程はズッとWレバーだったので、脳がWレバー脳化してしまい、
「シフトする=ハンドルから手を離す」という図式が固定されていた模様。
(膝で蹴る、は例外)

c0189724_17184717.jpg

しかし一日二日テレ~と流していると、
徐々にノリが掴めて来ました。


ブラケット握ったままシフトダウン!
パチン!パチンパチンパチン!

立ち漕ぎしたまま安全・確実にシフト出来る、
STIでは当然のその事がとても新鮮。

c0189724_17185838.jpg
クルージングでシフトアップする際は、
ブラケットを前から握る感じでレバーをグイッ!

色々な作動方法を試してみましたが、
指が痛かったり手が攣りそうになったりで、
結果、この普通な動作が一番っぽいかと。


シフトダウン操作はWレバーより倍便利ですが、
シフトアップ動作に関しては、
Wレバーよりも0.5倍便利って所でしょうか。

そもそもシクロクロスをターゲットとして、開発されたと言うこのシステム。
ロードで使うとその恩恵は目減りします。というかSTIを選ぶ方が正しいと言えるはず。
c0189724_17191365.jpg
より安全でより速くより簡単確実、
そんな進化の先にあるSTI。

自動車でも本当に速いスポーツカーとなると、
今では2ペダルが主流となっているのと同じく、
速く走るロードバイクがSTIを使うは必然。


しかし・・・別に速く速く走りたいって訳では無く、
ただ気持ちよく走る事を楽しみたいだけなら、
その枠の中に在る必要も必然性も無い。

何故レトロシフトを使うのか?その答は自分でもよう分かりませんが、
自分で操りこなす事を楽しみと、Wレバーでは難しかった動作が可能となる自由、
その隙間を覗かせてくれるのでは?という期待をもっている事は確か。

皆様にも盛大にお薦めします!とは言えませんけど、
自分の様に「車は断然マニュアルが良い!」という人間には良いのかもしれませんね。
とりあえず今年の夏はレトロシフトで行ってみます!

つかレトロシフトじゃなくてギブネール!
by kaleidocycle | 2015-07-02 19:50 | 駄情報
<< 相棒。 海パン解禁日。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧