井戸端監視カメラ



ノットアウトオブ。

自転車を組む際には、やはり少しでも良いコンポで組みたいけれど、
同時に少しでも予算を抑えたい、つまり得したいと多くの人が煩悶する訳ですが、
結果として定番、ロードなら105、MTBならSLXに落ち着く事は世の必然。

「グレード上げちゃう?それとも下げちゃう?」そんな調整を考える時、
ついつい視界の外に放り出されてしまいがちな此奴。
c0189724_201198.jpg
「アリビオ」

街乗り系MTB完成車によく採用される、
泥が似合わないMTBコンポ・アリビオ。

だからどうしたってんだい?

四角軸時代とは比べ物にならない、
剛性・耐久性・メンテナンス性の2ピースクランクが、
たった6千円台で買えてしまうという事実の凄さ。
もっと評価されても良いんじゃないかベイベー。

c0189724_201106.jpg
「SORA」

街中を美しく快適に駆ける為のロードコンポ。
って街乗りに求められる性能と、
ロードに求められる性能は随分違う様な・・・。

だからどうしたってんだい?

ロードコンポとMTBコンポを、
必要に応じてミックスする事が簡単だった、
9速時代の神話を今も引き継ぐSORA。
ロー32t対応と言う懐の広さも魅力さベイベー。


「人はパンのみにて生きるに非ず」という奴で、実用性だけが全てじゃない。
それでも、まず求めるのが「とにかくシッカリ乗れる事」とならば、
上記した様なエントリーコンポの能力は実は選ぶに値するモノだったりします。
c0189724_2012658.jpg



4000系アリビオとSORAをメインに構成したSurly・CrossCheck
メーカー完成車よりも約¥2万安にコストを抑えているけど、
耐久性ではほぼ全面的に圧倒出来ているはず。

フレームから組むとなると、この辺が恐らく底。
これ以下にコストを抑えるとバランスが破綻すると個人的には思います。
c0189724_2013468.jpg

アリビオ?SORA?街乗り用完成車についてる奴?

そんなイメージを持つ事が多いでしょうが、
それ等エントリーコンポで組まれた完成車が、
そのコンポの能力を引き出しているか?ってーと、
残念ながらそんな車両は見た事無い。


チャンと適材適所で選んで使えば、
エントリーコンポと言えども馬鹿にしたモンじゃない、
というか、充分以上の機能を見せるはず。



いや、コストと性能のギリギリを狙う必要の無い人間は良いんです、
趣味性の高い自転車においては、自己満足も大事な性能ですから。
c0189724_18243959.jpg

只管に「乗る事」ただそれだけを狙う、
単純にして過酷なスタイルの人も居る。

そういった方の場合はですね、
ついつい視界の外に外れがちな、
絶妙なるエントリーコンポという存在を、
今一度再認識して頂ければ、と。

そんで乗って乗ってブッ潰れた後に良いコンポへ入れ替える、これ正道。

いやそりゃ自身でメンテしながら永~く使って貰えれば、
それに越した事は無いんで、自分の自転車は大事にしましょう!

by kaleidocycle | 2015-06-08 18:40 | 商品
<< 再装填。 自力本願。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧