井戸端監視カメラ



毎日ジャージ。

仕事の帰りに事故ったのが12日、それから暫く体の様子を見ていましたが、
ぼちぼち行けそうな気がして来たので、体の歪みを矯正するべく自転車に乗るべし!
c0189724_171946100.jpg

と、久し振りに走りに出た今朝、
山中での群れに遭遇しました。


新緑の中を流れる様に走る豹。

仕事の量は極力抑えて自転車ばかり乗っている、
そんな彼らの磨き込まれた体に纏う豹柄は、
意外なまでに美しい・・・。

が、それは場所が山の中だから言える事。

この格好で街に下りて来ると、ん~少々変態チックだわな。
c0189724_17202036.jpg
磨き込むどころか、磨く事無くズズ汚れた、
ユルユルボディーの自分が豹を着てしまうと、
もはや軽犯罪のレベルでしょう。

だからやっぱ自分には地味ジャージがシックリ来る。


数年前から愛用しているCCPのジャージ。
ザラっとした肌触りの強い生地が生む耐久性、
シンプルながら個性のあるパターン。
「あれは良かった!」と言う人も多い、
このジャージも着過ぎてかなりヨレて来ました。

3枚持っているのですが、1枚はもう完全にダメ。
残る2枚もいつ穴があいてしまうか、という所で気が気で無い。
これがダメになったら何を着れば良いんだ~!


という訳でコレが次期毎日ジャージの候補です。
c0189724_17204778.jpgc0189724_1721110.jpg



c0189724_17211155.jpg

CLUB-RIDE Rialto


何をどう間違っても「レーシー」とは言わさない、
そんなレースウェアの対極にある、
日常ライドこそ沿うジャージです。

シンプル過ぎると野暮ったくなり勝ちですが、
グレーのメッシュ素材とリフレクターを、
アンシンメトリに使う事で上手く避けてますね。

c0189724_17212638.jpg
織り目が奥行きを感じさせる、
天然素材風のメインファブリックは、
軽量吸汗速乾素材「RideXDry」。


また背面中央を縦に走る部分は、
グレーのメッシュ素材になっており、
背中に篭る汗を逃がしてくれます。

c0189724_17214078.jpg

背骨に沿ってメッシュが配されている為、
バックポケットは一般的な3ポケットではなく、
左右に分かれた2ポケットになります。


左は普通のポケットですが容量大きめで、
パッカブルのジレくらいなら楽々収まりそうです。

また右のポケットはジッパ付きポケットとなり、
スマホや財布などの、落としては行けないモノを。



丁度、豹一族(旧薔薇族)のサテライトメンバーにお買い上げ頂いたのでパシャっとな。
如何でしょう?単品で吊っているよりもシュッとしてますやろ?
c0189724_18565828.jpgc0189724_18571051.jpgc0189724_18572483.jpg


自転車で片道30kmからを通勤する彼にとって、この地味さ&涼しさはツボだった模様。

で、このリアルトジャージは価格が¥9,000(税別)と割とリーズナブルなのですが、
以前ご案内した縞柄のボクストンと同じく弊店在庫分に関しては、
価格改定前の¥8,200(税別)でのご提案であります。
レーシーでないけどスポーティー、そんな一枚を必要としているなら是非!



あと、「レーシーなんだけどレーシーじゃない」という、
訳の分からんジャージの別バージョンが上って来ました。

GSG x 7ITA Retro Daytona  ¥11,800(税別)
c0189724_17215611.jpgc0189724_1722716.jpg




c0189724_17221766.jpg

以前紹介した同商品の、
カラーバリエーションモデルですね。


並べてみるとこんな感じ。
ベースカラーは近似色ですが、
茶色部分の色味がより薄い。

「デザインは好きだけど配色がピンと来ない」
そんなアナタには近日中にブラウンベースが入荷しますので、其方もお楽しみに~。
by kaleidocycle | 2015-05-17 21:12 | 商品
<< ピタッと待ち。 ダンゴでは無い三兄弟。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧