井戸端監視カメラ



スクリーム・エクストリーム。

より強い刺激と興奮を求めるエクストリームスポーツが花開く昨今、
エクストリーム一輪車やエクストリームアイロンと、その枝は世の隅々まで伸びているそうな。

いや、こりゃもう流れに乗っておかなきゃダサいんじゃない?
と言う事でワタクシもエクストリームスポーツの新境地を拓いてみました。
c0189724_13375850.jpg
エクストリーム轢き逃げられ

雨の中、ゆるゆると帰宅していると、
突如自動車事故独特の「バンッ!」という音と共に、
宙を舞う己の目線、ええ、時が止まった様でした。

水溜りの中で悶える自分の視界には、
止まりかけたけど・・・やっぱアクセル全開!な自動車。

残されたのはグニャッチな自転車と悶える自分、
そして車から剥落したパーツ。

「逃げたか~」と思いながらも、伴うのは怒りの感情では無く、
「そうか~逃げる方を選んだか~、まぁ気持ち的に分からんでもないけどな、
 止まってスンマセン!て言うて弁償だけしてくれたら、別に怒らんのになぁ。」

という残念感。

自分も事故おこさんとは限らんし、今回もわざと轢いた訳でも無い訳で、
ただ雨で視界の悪い中、チョッとボーっと運転してたら轢いてもうた、
結果として大怪我した訳でも無いのだから、今更怒っても何にもならんですしねぇ。



今回、当然前後ライトは点けていたのですが、
雨の中となるとそれで万全という訳にも行かん様です。
c0189724_13385743.jpg

「テールライトがこんなに明るくてどうする?」
と、その強力過ぎるエクストリームな明るさに、
オーバースペック感を感じたPDWのテールライト。

・PDW Aether-Demon ¥5,500(税別)

夜の国道とか、街灯の無い田舎道、
そんな所で気を吐くと思っていた此方も、
日々の通勤で使って困る事も無く、
寧ろ事故防止には強力な助っ人となるのか、
と、今回改めて実感いたしましたです。

c0189724_133816100.jpg
「あ、ライト持って来るの忘れた」
という様な事もたまにありますが。

その点、常時着けっ放しでいても、
違和感無く、寧ろイカしている此方は、
装飾物兼お守りとして活躍するはず。

・Bullet-Lighting ¥5,000(税別)

実際、自分も使い始めてから「ライトを忘れる事態」が無くなる事の気楽さを実感。
テールに関しては、後続車から視認性の良い場所にセット出来る点も良い。



自転車をお買い上げ頂き「同時にライトも」となった際、
弊店では「まずフロント用から」という言い方をします。
c0189724_13395990.jpg
テールライト無しで走った場合の危険は、
「車に轢かれる」という事が基本。
仮に此方が20km/hで走っており、
自動車が40km/hで追突した場合、
その差速は20km/hとなります。


対してフロントライトが無かった場合の危険は、
出会い頭や正面衝突であり、
仮に20km/hで走っている自転車同士でも、
その衝突速度は40km/hになり、
まして相手が車となると危険度は飛躍的に高まる。

また自転車同士の事故となると、ライトの点灯・未点灯による過失割合の差も生まれるので、
保険的な意味合いも込めて、フロントライトは必須と言える訳です。


が、「どちらかを選ぶなら」という前提自体が間違いでした。
吹っ飛んでからでは遅い、ライトは前後必要です。

危険はいつ何処から飛んで来るか分かりませんからね、どうぞ御自衛下さい。
by kaleidocycle | 2015-05-13 16:04 | 駄情報
<< ダンゴでは無い三兄弟。 バイク&シガレッツ。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧