井戸端監視カメラ



フワフワ軽く。

c0189724_203550.jpg

昨日は結婚披露宴にお呼ばれ。

そこから二次会・三次会と連戦、
となると翌日である今日は?

頭痛~い、重~い・・・。

体内を流れる血は黒く濁ったイメージで、体の動きもスローモー。
いつも乗っている自転車のペダルも妙に重く感じます。

通勤で街中を流す位なら関係無いけど、今の状態でトレイル行くと・・・辛かろうな。
まして逃げ場の無いシングルスピードともなると、アプローチの上りは荒行となりましょう。
c0189724_2031615.jpg

人生、体調の良い日もあれば悪い日もある。

その振り幅がどの程度かを俯瞰し、
こんな日の事も込みでギア比を決める、
そんな今から未来を見通す計画性こそ、
シングルスピーダーが女性にもてる所以。


が、如何に計画性があろうとも、
選択肢なくして計画をたてる事は難しい。

例えばシングルフリーの定番であるシマノのMXは歯数の展開が16・17・18t。
「もっと軽く!」となれば同じくシマノのSFで20tがある、けどSFは厚歯。
c0189724_2032955.jpg

ならばホワイトインダストリーズのENOフリー


16t~22tまで2t刻みで選び放題。
メンテナンス性も良いし、見た目も良い。

何よりその精密なラチェット音は、
意味無く走り回りたくなる催眠効果もある。

たった¥11,200なら安い安~い!

・・・え?フリーに¥1万出せない?財布事情が辛い?
そんなシングルユーザーを救ってくれるのがACSのCrossFireフリー
c0189724_2034169.jpg



c0189724_2035210.jpg
薄歯(3/32)対応にして最大22tまでラインナップ。

街乗りで22tは要らんでしょうが、
トレイル専門となると・・・話は違う。

特に29erユーザーやFATユーザーには、
安くでデカいクロスファイヤは嬉しい存在。


耐久性や質感で言えばホワイトに敵わない、
というか敵う訳が無い。
だって価格が¥2,400(税抜)なんだもの。

トレイルでシングルフリーをムキになって踏むと、意外なまでに寿命は短い。
重めのギア比でMXを踏むと3ヶ月に一つくらい消耗したりもします。

そんな事からワタクシはホワイトのENOフリーを使うに至ったのですが、
ENOフリーは確かに丈夫です、全きトラブルフリーであります。

しかし好みのギア比がどの辺りなのか?
その探りを入れるには、やはり安価で歯数選択が多い製品が嬉しい。
だからクロスファイヤがあってくれる事、それはSSユーザーにとって恩寵なのでありますよ。
by kaleidocycle | 2015-05-10 20:58 | 商品
<< 第三の波。 二重生活の奨め。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧