井戸端監視カメラ



ハウマッチ安心感。

c0189724_18334958.jpg

誰が何と言おうと、春来ました。


家を出る際「アームウォーマー要るかな?」
と思ったりもしたけれど、なんのなんの、
午前中でももう半袖で全然OK

むしろ肌刺す日差しの強さは、
夏のそれを思い出させる程。

c0189724_18341498.jpg
で、気候がよくなれば足も伸びると言う事で、
冬の間行けなんだ山奥も、
射程内に収まって来るのですが、
北の山を走るとなると避けられないのがトンネル

路肩狭く逃げ場の無い&暗いトンネルの中は、
自転車にとっては恐怖のポイント。


昨年まで使っていたバーエンドライトは、
雨水の浸入により御陀仏となり、
何か代わるモノを用意せねば、と思いながらも。

c0189724_1834470.jpg

微妙に決め切れずに本日に至り、
リフレクター散らしたウェア着てるとは言え、
トンネルの中に入ると・・・やっぱ怖え~よ~。


怖いのは轢かれそうな自分だけではありません、
自動車を運転するからしても、
トンネルの暗闇の中、いきなり自転車見つけたら、
そりゃぁ怖いし危険を感じる事でありましょう。

気候につられて遠くへ足が伸びるとならばテールライトは必須。

しかし一般的なヘルメットやシートポストにつけるタイプとなると、
スイッチを押して点灯しているのか消えているのか確認できず不安

そういう観点から言えばバーエンドライトは安心感があったけど、
手持ちの車両全部につけるってのも何だかねぇ。
c0189724_1839944.jpg

という事で今回選んでみた答が此方。

・リフレクター+LED ¥1,350(税別)

弊店が紹介するまでも無く、
割と知られた存在である此方、
カタログなどで見るより現物は小さい。

c0189724_18392455.jpg

3Mの反射素材で出来た本体、
その下部には磁石が仕込まれており、
バッグやサドルや車体やと、
そこでもパチンとワンタッチで装着可能。


この「マウント金具無し」ってのが良い。
スイッチをクリック出来たか否か?
不安になれば外して確認すれば良いだけだから。

c0189724_18393423.jpg
コイツを玄関先において置けば、
どのジャージを着て出ようが、
どの車両に乗って出ようが関係なく、
出しなにバックポケットにパチンとはめるだけで、
トンネル内の不安が8割がた解消されてしまう。

最悪電池が切れたとしても、
本体がリフレクターなので、何も無いよりグッと良い。


コレが最高だ!と吼える様なモンではありませんが、
便利そうな気がするので暫く使ってみようと思います。
by kaleidocycle | 2015-03-31 22:33 | 商品
<< 拾い物。 盗難警報。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧