井戸端監視カメラ



握り極道。

c0189724_1626527.jpg

あ~、チャップいチャップい、
朝一番は冷え込みますな。

しかし日が昇ると共に気温も上り、
帰る頃に汗かくのは必然。

故に寒さは暫し堪えるべし。

c0189724_1627250.jpg

体もホッコリ温まった折り返し地点。
見晴らしの良い所で朝のオメザをいざ喰らわん。

今日のオメザは「ナイススティック」。
学生の頃、購買部で大人気だったナイススティック、
大人気過ぎて中々買えなかったナイススティック、
しかし今改めて喰うと・・・別にそんな言うほど・・・。


焼けば美味いと思うのだけれど、ハムハムハム、
焼かずに喰うとチと喰い辛い、モムモムモム。

手袋したまま食事すな!行儀悪い!
c0189724_16272720.jpg
あ、グローブつけてたの忘れてた~♪

なんて事は流石に無いのですが、
ウインターグローブとタッチ交代、
新たにおろした此方のトレイルグローブ、
凄まじく自然な着け心地です。

・Giro DND ¥4,200(税別)

c0189724_16273521.jpg
正直、はじめて嵌めようとした瞬間には、
「え?これ手入るか?」という位にタイト、
嵌め易さの為の余分が圧倒的に少ない。

しかし一度手を嵌めると・・・おぉ~!
何だこの一体感は!ゴイス~。


最近のフルフィンガーグローブ一般と同じく、
此方のグローブも立体裁断なのですが、
その度合いと言うか立体っぷりが激しく、
この手の形が基本の状態。

「グローブなんて皆同じでしょう~」と思っていた己が甘かった。
指の内側を見ると、合皮(クラリーノ)部分とサイドパネルの接合部が、
指間接にそって枝豆形状赤線)になっているのが分かりますか?
c0189724_1631080.jpgc0189724_16311450.jpg


この波々の谷部分が、指間接の曲げ運動にそって折れる事で、
握りのスムースさと、握りこんだ時の違和感の少なさを生んでいる模様。
c0189724_16314221.jpg

逆に言うと、手を全開に広げると、
ご覧の通り手の甲部分はクシャクシャに。

しかし自転車はパーで乗る物ではなく、
握ってナンボでありますからコレで正しい。


最初入れ難いと感じた手首部分も、
ベルト無しのピッタピタ仕上げなので、
嵌めてしまえば手首の動きが楽々。

c0189724_1632697.jpg

「握る」
その自転車における基本動作を、
極端なまでに追求したGiroのグローブ。

街乗りで使うには少々不便な気もしますが、
自転車を操るトレイルライドなどにおいては、
言うまでも無く自在で便利で快適。


いや、こりゃ大したモンだわ。

c0189724_16323380.jpg

よくホテルのドアにかける札に書いてある、
「邪魔するな」という意味を指すのも「DND」、
「Do not disturb」の略ですね。


商品名としては「Down'n dirty」の略だそうですが、
小銭を掴むのも邪魔しない程のフィット感は、
Do not disturbの方がしっくり来るようにも。


大袈裟に言えば、素手とグローブの中間にあるこのグローブ。
コイツがダメになる頃には、もっと強烈なのが出て来ていますように、
そう願いながら暫く御世話になろうと思います。
by kaleidocycle | 2015-03-27 21:00 | 商品
<< 盗難警報。 ピクニック・ジーニアス。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧