井戸端監視カメラ



フィット・ファイン。

c0189724_20543029.jpg

でけたー!

暫く前から手をつけていた、
Surlyのストラグラー650Bが、
本日遂に完成しましたぜ。


Surlyの屋台骨とも言える、
ユーティリティーシクロクロス
「クロスチェック」をベースに、
ディスクブレーキ化したのが、
ストラグラーな訳ですが。

そのストラグラーのホイルを、
ダウンサイジングしたのが、
今回のストラグラー650B。

従来の700cから、近年27.5インチとしても親しまれる650Bへと小径化する事で、
よりクイック且つコントローラブルな味付けへと・・・とかいう話も大事だけれど。
c0189724_20552851.jpg

そういった全体的な話よりも、
小さいサイズにおける合理性こそが、
ストラグラー650Bの有り難味。

今回組んだ一台は46サイズなのですが、
46っつったら相当小さいはずなのに、
良い車体バランスではあ~りませんか。

700cホイルのままフレームサイズを小さくして行くと、
どうしてもバランスが歪なモノになってしまいがち。

で、旧来は650Cホイルを使いダウンサイジング対応した例もあったけど、
残念ながらホイルもタイヤもあまりに選択肢が少なかった。

しかし近年MTB業界を席巻する27.5インチは即ち650Bという事で、
リム&ホイルもタイヤも逆にドンドン増えて行っていたりするこの規格を使い、
新鮮な魅力を提示しして来たのがストラグラー650Bである、と。
c0189724_205605.jpg

ランドナー的な38Bタイヤの軽快な走りを、
デオーレベースの2x10コンポで支える。

シフターも勿論デオーレ・・・とは行かず、
10速用Wレバーをサムシフター化。

単品で見ると格好良いのだけれども、
実際使うとなるとイマイチ落し所が見付からない、
そんな日東B814もズバン!と収・め・て。

お値段¥160,000(税別)。 後日記:完売

背が高いとは言えないけれど、志の高さはには自信がある、
そんなアナタが乗るべき「適切」な一台はこんなんではないでしょうかね?



オマケで本日のポンコツモーターサイクル、リアハブの解体作業に取り掛かりました。
c0189724_20562316.jpg

謎の粉に塗れたハブを割ると、
あるべきスプロケットダンパーが無い。

30年近い時間と繰り返される衝撃で、
すっかり風化してしまった模様。

でもOKOK想定内、大丈夫大乗仏。

「灰は灰に~塵は塵に~」と唱えつつ、あるべき位置へ新品ダンパーを組み込みました。


と、そんなどうでもいい事ぁ置いといて。
明日はCCP春物展示会の開催日です。

CCPの新作の中に、アナタにフィットするモノがあるか?
ディティール・サイズ・質感などなどチェックしに来て下せい。
by kaleidocycle | 2015-03-11 23:13 | 商品
<< 展示会終了。 時給x自給。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧