井戸端監視カメラ



Reach for the ハナミズ。

c0189724_13404182.jpg

今日から3月か~。

春が近付くのは良いんだけど、
早くも花粉が飛び始めてるってのは辛い。


花粉の飛んで無い無い国に行きたいスな。

でも卒業旅行で飛行機も混んでるだろうし、
イッチョ自ら飛んで行きますか。

c0189724_13404972.jpg

よいしょっと。


ありゃ?何か引っ掛かっとるど?

飛ぼうにも飛ぼうにも40cmしか進まん。


おいおい、俺には飛ぶ自由も無いのかえ。



c0189724_13405941.jpg

一体何なんだ、このFUCKな物体は。



ハイ、此方自由を奪う足枷ではなく、
伸縮ケーブルのついたカラビナで御座います。


・Resistant カラビナSタイプ ¥1,800(税別)

c0189724_13413479.jpg

フックが対面で2つあるご覧の通りのS字形状で、
ズボンのベルトループや、
バックパックの脇などなど、
お好きな所にヒョイと引っ掛けるのが基本。


此処までは普通のカラビナですが、
本製品にはコイルハーネスが2つ着いており、
そこに日常使う頻度の高い鍵をつけておくと。

c0189724_13414213.jpg

引っ張るだけでこんな感じにヒョイ、と。


自転車用ロックの鍵は勿論、
家や仕事場の鍵などをつけておけばですすね。

イチイチ鍵束を探す事無く。
イチイチカラビナを外す事も無く。

ヒョイと取る事が出来て便利至極。

c0189724_13421380.jpg
ハーネスは金属ワイヤに樹脂コートされたモノを、
イモネジx2を用いてアルミブロックに固定。

なので、常識範囲の力であれば、
切れるだとかスッポ抜けると言う事も無かろうかと。


どうでも良いんですけど、
このアルミブロックの削り出しの質感や、
ボディ同系色仕上げのアルマイトなど、
モノとして妙に格好良いですね。




で、引けば伸びて放せば縮む、そんなこのコイルハーネス。
少し真面目に考えた人なら誰しもが思う事でしょう。
「どの程度の重さまで使えるのだろうか?」
c0189724_13422359.jpg

要するにあまりに重たい鍵束などをつけると、
ビヨヨ~ンと伸びたまま戻って来ないはず。

実際に弊店従業員一号(体重約30g)と、
小さめの鍵(約8g)の計38gを吊り下げると、
ご覧の通り、楽しげな雰囲気が出てしまいます。


じゃぁどの程度が仕様限界なのか?と、
実験してみた所、静過重で20g辺りまでの模様。

普通の、ごく普通の家の鍵が凡そ10g/本といった所だったので、
そこそこ大き目の鍵でも1本であれば問題無く使えるはずですが、
鍵束を取り付けるというのは、明らかに間違った使い方と言えましょう。



まぁでもこのSタイプには、コイルハーネスが2つありますので、
片方に自転車、もう片方に車のなどと、鍵2本はいつでもシュッと取り出せます。
c0189724_13424134.jpg
しかしですね。

日常的に自転車に鍵をかける事無く、
車の鍵はスマートキーであるワタクシ、
鍵2本よりも、もっとつけたいモノがある。


鼻水の恋人「ティシュー」です。

c0189724_1343093.jpg
まず捨てても良いドライバーを、
ライターやコンロで熱します。

熱々になったらティシューの袋の、
隅っこ狙ってエイヤ!

一瞬で穴が開きます。
そして穴の周りは溶けて固く強くなる。

c0189724_13431047.jpg

そしたらその穴にコイルハーネスを通して、
ズボンの脇に吊るしたなら。

ハイ、いつでもティシューが取れる!


ティシュー、実測約5gと言う事で、
小まめな人はティシューケースを製作し、
ケースごと吊るしても充分耐過重内に収まるかと。


c0189724_13432029.jpg

「あ、鼻水がダレでギダ・・・」

その瞬間腰脇に手を伸ばし、
シュッ!とティシューを掴み上げる。

そして一枚豪快に抜き出し、ちーん!とかむ。


嗚呼、爽快。てなモンで。


c0189724_13433117.jpg
この男っぽさ溢れ出す製品が、
遠い島国でこんな使い方をされるとは。

企画製造者は夢にも思わんだでしょうが、
まぁ道具は使ってナンボです。

コヨーテブラウンとフォリッジグリーン、
アナタなりの使い方が思い浮かべば是非。


c0189724_13434471.jpg
「カラビナを考えよう」次回のお題は。

「便利な3フック!」を謳う、
アンカービナ(¥300)。

便利便利と書いてる割に、
便利さが今ひとつピンと来ないので、
真剣に考え実験してみたいと思います。
by kaleidocycle | 2015-03-01 16:06 | 商品
<< グラベる仲間達。 3月の営業予定。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧