井戸端監視カメラ



魅力靴。


c0189724_19364316.jpg
ビンディングシューズ界に、
直球で格好良いデザインを送り込んだ、
フィジークが2015年放つ「Bライン」。

その中でも個人的に最も格好良いのが、
ロード用ミドルレンジの「R3B」。

昨年注文していた分が本日届きました!

・Fizik R3B  ¥31,520(税別)
c0189724_1936512.jpg

パンチングレザーを使った、
ネオクラシカルな外観が、
「B」ライン共通のデザインですが。

同時にダイアル式レースシステム、
「BOAクロージャー」を採用しており、
それが故に「B」であります。

c0189724_1937580.jpg
過去の製品にあったけど、今の製品では失われた、
そんな何らかの「エッセンス」を抽出し、
現代的な性能を持つシューズに混ぜ合わせる。

そういった行為には「解釈=センス」が必要であり、
誰でもが良い結果を出せる訳ではない。

その点、フィジークのBラインは外観もさる事ながら、
サイクリングシューズとしての基本性能は勿論、
BOAクロージャーを採用する事で、
脱ぎ履き&フィッティングが簡単確実とするなど、
「付き合い方」まで提案出来ている点で別格。

c0189724_19371344.jpg

ロード用である今回のR3Bは、
フィジークとしてはミドルレンジなれど、
軽量&高剛性のカーボンソールで、
ややもすれば過激過ぎる面もありますが、
それも込みで魅力という奴になりましょうか。

並べたMTB用の「M5B」をはじめとした、
2ホールクリート用のBラインに関しては、
この手のシューズとしては例外と言える程、
歩き易そうなソールパターンが特徴的。

結果良いか悪いかは、使い手の判断になる訳ですが、
こういった「具体的提案」をしてくれる事は、ユーザーフレンドリーと言えるかと。


そんな唯我独尊路線をひた走るフィジークの兄弟ブランドである「Giro」ですが、
シューズに関しては方向性も違えば生産工場も違うと言う事で完全別路線
c0189724_19372747.jpg
で、自分も履いているテラデューロなど、
魅力ある製品をリリースするGiroから、
Giroしか出来なさそうな2015モデルとして、
「Rumble-VR」が登場。


シンプル&スマートなスニーカースタイルで、
良くも悪くも当たり障りの無い外観。

しかしこの手の製品は安っぽくなり勝ちな為か、
他社同様製品の多くは余計な味付けが入り、
「頼むから要らん事してくれるな・・・」と思う事屡。

c0189724_19374413.jpg

そこをスッキリ纏めたのは流石Giro。

更にソールにビブラム製品を採用し、
街歩きだけに留まる事無く、
トレイルでも使えそうな味付けとした所が、
ユーロバイクアワードを取った所以かと。

c0189724_1937536.jpg
そんなランブルVR、内容の魅力は勿論、
¥13,000というバーゲンプライスも必見。

更にと言うか何と言うか!
手元にあるランブルVRの40サイズは、
予約注文頂いていた分なのですが、
生憎サイズが合わなかったと言う事で、
嫁ぐ事無く手元にあります。

在庫で持ってりゃ良いとも言えますが、サイズが40(約25.5cm)と、
弊店ではほぼ需要の無さそうなサイズなので・・・。
景気良くセール価格で出してしまいましょう!
ズバリ¥××!(税別) 後日記:完売

まだまだ入荷して来ないGiroのニューモデルという事で、
殆ど出回っていないでしょうし、今からオーダーしても納期未定。
サイズが合う方!是非ご検討あれ!
by kaleidocycle | 2015-01-22 23:07 | 商品
<< 捻出。 進化検証。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧